2012年02月05日

効果ありましたよ!

このところ続けているボールリフティング。
(毎日ではないけど…)

効果を少し感じました!



本日久しぶりに2時間テニスをしたのです。
茅ヶ崎のしおさい広場です。

ボールに対しての集中力が、気のせいか上がったような気がします。また、いつもより芯で捉えるショットが多かったような気もします。
(本当は全球を芯で捉えないといけないのですが…^^;)



タッチを良くするには、トラップ練習もいいかも。
高く上げたボールをラケットで受けて止めます。
小さなモーションでできればGoodです。^^

以前TVで、とあるプレーヤーが飛んできたボールをピタッとラケット面で止めてました。まるでボールは面に吸い付いたように止まってました。それは見事で見事で。

競技レベルなら誰でもできるのですかね?



まあ、もう少し続けてみます。
素振りもね…

↓こちらも面白い!
人気ブログランキング
posted by ani at 15:49 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | 普段のトレーニング法

2006年10月24日

ウォームアップについて

しばらくテニスから遠ざかっています。
今週末も仕事で大阪行きで、テニスはできません。

無性にテニスがやりたくなってきました。^^;)


さて、あるブログでテニスの前のストレッチについて書かれてあったのですが、読んで衝撃を受けました。そりゃ、考えてみればもっともな話なのですが、言われるまで考えたこともありませんでした。(-_-;)

衝撃の内容とは…?

ストレッチって、まず何をしますか?
そう、普通に手首を伸ばしたり、アキレス腱を伸ばしたり、肩の筋肉を伸ばしたり…ですよね。

実は、海外ではテニスの前にそういうことはあまりしないそうです。考えてみれば、スポーツの前にまず必要なのは身体を軽く動かして暖めること。特に寒い季節には、筋肉や関節が冷えて固くなっています。まず、それをほぐしてやらないといけないのです。

まだ暖まってもいない筋肉を無理やり伸ばしたらダメらしいのです。暖めるためには軽いランニングなど身体を動かすことから始める必要があるらしいのです。いきなりボールをバシバシ打つのも、もちろん×です。なるほどー!

常識と思っていたことが、実は非常識だったなんて…

いかがですか?
知っていましたか?(-_-;)

ちなみに、スポーツの後のクールダウンで筋肉などを伸ばしておくのは、疲れを残さないために大切らしいですが。


banner2.gif
ポチッと応援していただけると嬉しいです!
posted by ani at 18:28 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 普段のトレーニング法

2006年07月15日

夏はMTBで決まり!

意外と短いMTBのベストシーズン。

MyBike.JPG

だって、寒いのやだし暑いのやだし…でしょ?^^;)

しかし、今年は違うのです!!(-_-)
トレーニングのために、夏場はMTBで鍛えようと…
テニスに行く時は、どこへでも行きますよ、MTBで。

で、さっそく明日小雀公園でテニスなので、MTBで行こうかと思ってます。坂道もガンガンありそうです。1時間以上かかります。暑そう…(-_-;)

体力アップだ!おー!!

banner_04.gif
たまには押してね、コレ…^^;)
posted by ani at 00:22 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 普段のトレーニング法

2006年05月19日

静止バランス

特にテニスのトレーニングではありません。
MTB(マウンテンバイク)のことです。

でも、テニスやスキーなどのスポーツに共通する非常に重要な要素かと思い、最近よく練習してます。それは、MTBで足をつかずに静止した状態を保つ練習です。

キーワードは体軸の安定です。

大道芸などで綱渡りを見ますが、あれと同じです。このように不安定な状態で立つと体軸が左右にブレるのですが、そのブレをだんだん小さくしていくのです。練習してみればわかりますが、何度もやっていると身体が覚えてきます。そのブレが大きいうちは倒れてしまうのですが、ある範囲内に収まってくると立っていられるようになります。

ほんの小さな左右のブレを感じるようになるのに、少々時間が必要です。やってみて分かるのですが、身体が倒れているのに気がつくのが遅れるために修正が間に合わず倒れてしまうのです。

ママチャリだってできるので、やってみては?

テニスやスキーの上手な人に共通している点は体軸が常にまっすぐ安定していることです。考えてみれば、テニスでミスショットをしている時は体のバランスを崩していることが多いような気がします。体軸に気をつけるとショットが安定してきます。

よく言われることですが、改めて重要なことと認識…!
夏はこれで頑張ります!


banner_04.gif
ランキングに参加しています。よろしければポチっと…^^;)
posted by ani at 12:56 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 普段のトレーニング法

2006年03月24日

イメージトレーニング

テニスをした後で必ず行なっていることがある。
良かったプレーを思い出すことだ。

快心のサービスエース、ボレーの組立て、絶好のロブ、パッシングショットなどなど。その日の良かったショットやプレーを、その日のうちに思い出しておく。これは案外有効なことだと思う。

もちろん、ミスショットのことなんか思い出してはいけない。そんなものは打った瞬間に記憶から消し去った方がいい。ただし、ポーチミスやスマッシュされたロブ、パートナーとのコンビネーションミスなどの失敗したプレーは原因をしっかりと究明しておいた方がいい。

普段の練習として、時間をみつけて素振りをしている。
その時に単にラケットを振るのではなく、テニスコートにいることをイメージして、相手からのどういうボールをどこへ打つかまでイメージしながら素振りをする。当然イメージする状況はいろいろと変える。

そして、それぞれにあったベストなスイングとインパクトを考えながら素振りを続ける。基本はなるべくスムーズなスイングだ。無駄な力が入らないように気をつける。どんなボールを打つときも無駄な力が入らない習慣を身につける。

想像力が豊なら、これで結構楽しめる。
できれば仮想の相手をテニスコートの向こうに置くとよい。相手は具体的な過去の対戦相手だ。どんなボールを打ってくるかがわかっているのでイメージしやすい。

こんな練習…暗いと言ってはいけない。

楽しいテニスブログがいっぱい!(ランキングに参加中^^)
banner_04.gif にほんブログ村 テニスブログへ
posted by ani at 19:48 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 普段のトレーニング法

2006年02月09日

パソコンはテニスに害?

最近いつも思っていることがある…

仕事柄パソコンの画面を見ていることが多い。
特に週末に向けて長時間パソコンを見ていたときは、目の動態視力が落ちているように感じる。動体視力だけではなく視力も落ちているかも。

そしてテニスは動体視力を駆使する競技だ。
調子いいはずがないよね。目がついていかない。パソコンは目にいいはずはない。ずっと同じ場所を凝視し続けるからだ。

要注意だ!!

目のトレーニングというのがある。
すぐ近くの物をじっと見て、すぐ遠くのものをじっと見る。これを繰り返す。焦点を合わせる筋肉のトレーニングだ。

それから目の運動。目を左回り、右回りとクルクル回す。しかもなるべく速く。眼球を素早く動かすトレーニングだ。動体視力はこの筋肉とも非常に関連が深い。

さあ、今週は土曜日にスキー、日曜日にテニス!
土曜日に目を休めることになるから、日曜日のテニスは調子いいに違いない。身体の疲労が適度ならばだが…

順位が90位台…一応なんとか100位以内(-_-;)応援頼む!
banner_04.gif

こちらもクリックよろしく!
にほんブログ村 テニスブログへ
posted by ani at 10:39 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 普段のトレーニング法

2005年12月09日

素振りについて

1年前から素振りを頻繁にやっている。

特に平日の夜とか、時間を見つけては5分間程度やっている。
ずっと続けてきてわかったことがある。

・スイングのフォームが固まってきて、実際打つときもブレが少なくなった。
・スイングがよりスムーズになって、力をぬいて振ることができるようになった。
・球に当てるイメージで振ることにより、力を入れるポイントがわかってきた。

などだ。やはり、かなり重要だと感じている。
しかし、ただ振ればいいと言うものでもないだろう。

大切なのはイメージだと思う。
プロの選手、コーチ、身近なうまい人のフォームをよーく見て、イメージを掴むことが必要であると思う。自分のスイングのイメージが客観的にわかる人はいいが、そんな人は殆どいないだろう。それは、客観的に見る機会がないからだ。でも、ある人のフォームをずっとイメージし続けると自然にそれに近づいていく。あまり考えすぎない方がいい。

何度も言うが、イメージをより明確に持つことが必要だ。
それは理屈ではない。映像だ。
より鮮明なイメージを持てれば、実践で身体が反応するのだ。

ということで、きょうも素振りを少しやろう。

テニス関連のブログはこちらです。
にほんブログ村 テニスブログへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。