2013年05月30日

ぶつぶつ言いながらプレーする人

このタイプの人。
愛すべきキャラクターの人が多い気がします。



たとえば、自分のショットをミスした直後。
「あー、へたくそ!」から始まり、
「今のは、ああしたこうした・・・」とぶつぶつ続きます。

ナイスショットをした後は…
逆に寡黙になり、ポーカーフェイスです。
ときに「どや顔?」をこちらに向けたりします。^^

またミスした時の、リアクションも面白かったりします。
工夫を凝らしているわけではないかも知れませんが、
毎回少しずつ違ったりして、面白いのです。



さて、私が思うに…
このタイプの人、自分の感情に非常に素直なんですね。

普通は言いたくても我慢したり、顔にも出さないように隠したりします。
もっとも、ゲーム展開上相手に自分の感情を見せないようにする必要もありますが、それより大抵は恥ずかしいから言わないのだと思います。(自分も含め)

で、こういうタイプの人は飲み会でも人気者です。
突っ込みどころが満載で、常に話題の中心人物です。
羨ましいですね。^^;)



ゲームの対戦相手としては…?

非常にやりやすいの一言です。
ミスショットは打った瞬間にわかりやすいリアクション。
感情の起伏もダイレクトに伝わり、その影響もゲーム展開に伝わりやすい。

落ち込んだところが、チャンスです!
ミスしたショットを続けて打たせるとか…



でも、公式戦じゃないのですから、
こういうタイプの人とのゲームは楽しいです。

逆に言えば、このタイプの人がいないと面白くないのです。
勝つことばかりが楽しさではないのです。^^

でも、本人があなたのことですと言われたら、怒るかもしれないですね。
本人はいつも、至って真面目にやっているのですから…


↓たまには、こちらもご覧くださいね。
人気ブログランキング
posted by ani at 09:10 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | こんなタイプの人います?

2013年04月22日

久しぶりの大和草柳テニスコート

きょうも雨でテニスだめかと思ってましたが、
午後3時からの草柳がOKでした。

4月に入ってから、やっとまともにテニスできました!
身体も充実感に溢れています。^^)



さて、参加者の中にこんな人がいました。

サーブ、ストローク、なんでもそこそこ打つ年配男性。
たぶん、経験はかなり長いのだろうと思います。
その人と組んだダブルスで、あれっ?
と思うことが…



肝心なところに、なぜか居ないのです。
たとえば、相手のストロークが少し短くなったとき、
本来ならチャンスボールなので、一気に前につめたいところ。

しかし、なぜか後ろの方からバタバタと走ってきて、
やっと届いたラケットで弱々しく返す。
えっ、どこに居たのだろう???

たとえば、何でもないストロークのやり取りなのに、
なぜか、追いつけなくて返らない。
どこに居たのだろう??



ゲーム中に何度か後ろを振り返ってみると、
無駄な動きが多いようにも見えました。

そんなに下手な人じゃないのだけど、
なんか不思議…^^;)

↓たまには、こちらもご覧くださいね。
人気ブログランキング
posted by ani at 00:28 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | こんなタイプの人います?

2013年02月28日

超マイペースな人

テニスにおいてはマイペースが大事。
それは確かにそうなのですが…

マイペースが過ぎると、
人から嫌われてしまうかも…

今里20130223.JPG



先日の海老名でのテニス。

参加者の中の一人。
ちょっと気になる人がいた。
以前、何度か一緒にテニスしているけど…

それは、間の取り方。
たとえば、その人のサーブのとき。

ファーストサーブがフォルトで、セカンドを打つ前。
間の取り方が、かなりマイペース。
ブツブツ言いながら、なかなか打たない。



転がったボールを取りに行くときも、
決して急ぐことはない。

自分のショットへの反省には、
充分な時間を費やす。

そのマイペース振りが、お見事でもあり、
プロ並みと尊敬さえできる。
でも…



そういう人に限って、
集中力が高いかというと、う〜ん。(ー_ー;)

マイペースと集中力は必ずしも比例していない?
見習うべき点と、考えさせられる点が…

↓たまには、こちらもご覧くださいね。
人気ブログランキング
posted by ani at 12:49 | 神奈川 | Comment(0) | こんなタイプの人います?

2012年03月31日

アドバイスしたがる人

世話好きの人なのか、
気付いた事を言わずにいられないのか、
世の中、他人になにかと教えたがる人がいます。



テニスコートでもいますね。
すぐアドバイスする人。

実は自分も1回だけ経験があります。
してしまった経験が…
(された経験はもっとあるけど)



でも、後で後悔しました。
求められていないアドバイスは迷惑かも。

逆に自分の立場で考えると思います。
親しい間柄ならいざ知らず、
コートで会った初めての人にアドバイスされるなんて…



昔のとあるエピソードを思い出しました。

テニスの友人の一人。
比較的新しい友人でした。

その彼を友人たちのスキーに誘ったのです。
スキー旅行のあと、彼はサンキューメールをくれました。



と、ここまでは良いのですが…

そのメールの中に書いてあったもの。
友人達一人ひとりのスキーに対する評価とアドバイス。
それを転送してくれとのこと。

もちろん断りました。
誰も、そんな評価求めていないのです。



それが原因かどうか忘れましたが、
その後、彼との付き合いはなくなりました。

自分にも戒めました。

↓トップのサイトは凄い!
人気ブログランキング
posted by ani at 14:24 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | こんなタイプの人います?

2011年12月30日

肝心なところでミスする人

年末最後のテニスをしました。

神奈川県厚木市にある市営コート。
年末は無料開放なんて、粋な計らいです。^^



さて、一緒にプレーした中でこんな人いました。

ポイントがかかるとミスをする。
決めるボールをことごとくミスする。

あまりにも徹底してました。
調子が悪かったのかも知れません。



まるで自己暗示にかかったみたい。
頭の中は「ミスする」イメージしかなかったのかも。

この状態、よくわかります。

人ごとではないようで、気の毒です。
今日は特別だったのかも知れません。



ただ、いつもこんな感じだったとしたら…

メンタル的な改善が必要かも。
方法は一概には言えませんけど。

試合ではなく、練習で自信を取り戻す。
そんな必要性を感じます。



偉そうに人のことは言えませんけど…

↓いつもクリック、ありがとうございます!^^
人気ブログランキング
posted by ani at 23:31 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | こんなタイプの人います?

2011年11月24日

パートナーのミスを悔やむ人

埼玉でのテニスの話です…


仲の良い60代のお仲間にお邪魔したようです。
何やら、ポイント制などと言ってました。
勝敗でポイント付けてるのです。



さて、疎外感の中で2試合目。
一緒に組んだ人は一番年長の人。

ポイント落としたときの悔しがり方が凄い。
パートナーのミスでも、ラケットを下に投げて悶絶。
これには、参った!



疎外感と、この人の大人げなさ。
完全にテンション下がった。

こうなると、自然にミスも増える。
集中力なんてまるでない。

やる気もでない…



考えてみると、純粋な人なのかも知れない。
負けて悔しいことをダイレクトに表現する。
身体と言葉と両方で。

まるで子どもそのもの。

大人はいろいろな気遣いがある。
子どもは正直だ。



でも、実に楽しくない1日でした。
ああ景色は最高だったのに…

↓いつもクリックしてくださる方、ありがとう!^^
人気ブログランキング
posted by ani at 20:38 | 神奈川 | Comment(0) | こんなタイプの人います?

2011年04月10日

いつも肝心なところでミスする人

しだれ桜がきれいでした。

里山公園のしだれ桜



さて、テニスの話題です。

技術はあるのに、いつも肝心なところでミスする人がいます。
作って作って最後の決めるショットをミス…。
本人のショックは相当なもの。

これ不思議ですね。
いつ一緒にプレーしても同じなんです。

本当はもっと上手いはずなのに、
もったいないですね。



これは、まさしくメンタル。
いつも同じようにミスするから、
きっと本人もミスすると思っているのでしょう。

ミスした後で、
「あああ、やっぱりな…」と言ってます。



アドバイスなんて、
そんなおこがましいことしませんが。

もし、するとすれば…
どんなアドバイスが良いのでしょうか?



程度の差こそあれ、
これは誰でも(自分も含めて)あり得るので、
ちょっと考えてしまった本日です。


こちらも面白い!
↓↓↓
人気ブログランキング
posted by ani at 18:22 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | こんなタイプの人います?

2011年03月02日

スロースターターKさん

Kさんという人がいます。



テニスオフで2回ご一緒してます。
経験豊かで、なかなかのテクニシャンです。

さて、この人。
初めて見たとき、ミスが多いなという印象でした。
やたらネットについて、ボレーをミスする。
そんな人いますよね。(耳も痛い…)



ところが…
テニスも中盤を過ぎた辺り。

このKさん、いきなり調子が上がります。
まるで別人のようにプレイします。
とくにライジング処理がいい。

このKさん、サーブもボレーもリターンも上手いのです。
そして、スロースターターなのです。



そういや自分もその系統かと思いきや…
最近は逆に後半だらけます。

いや、疲れます。
集中力落ちます。

人から学ばないとな〜。^^;)


ちょっと覗いてみない…?!^^;)
↓↓↓
人気ブログランキング
posted by ani at 20:42 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | こんなタイプの人います?

2010年06月20日

見たことないサーブ

梅雨時というのに晴れてラッキー!!
6月に入って、なんとか週一テニスができてます。


さて、本日は久しぶりにKさんとテニス。
東俣野公園も久しぶりです。^^)

メンバーはKさん、K妻さん、そしてオースミさん。オースミさんだけ実名だったりして。いや、その位に面白い人です。テニスより呑み会で実力を発揮する人です。



そのオースミさん。
今まで見たこともないサーブを繰り出します。
普通のサーブではなく、かと言ってアンダーサーブでもない。顔の真横で打つサーブ。顔の真横なのに、ラケットは縦振り。想像できますか?



このサーブ、低く飛んできて、サービスライン一杯まで伸びてきます。アンダースピンがよくかかっていて、思ったより伸びてバウンドも滑ってきます。バウンドが低く、リターンを強打しにくいのです。

彼は、これでサービスゲームをキープしてました。
なんでも肩を痛めてから、あれこれ試行錯誤の末、このサーブに辿り着いたとか…

そうか、こういうやり方もあるよね。^^;)



もっとも、だんだん慣れてきましたが…
今日のテーマは、集中力を無くしやすいゲーム展開で、いかに必要な時に集中できるか?です。

最近、やっと集中の仕方がわかりつつあります。
これでサーブが戻ればなあ…


さっ、気分転換にぜひ…
↓↓↓
人気ブログランキング
posted by ani at 17:18 | ☁ | Comment(0) | こんなタイプの人います?

2009年12月13日

ボールさばきの巧い人

苦手なタイプを再発見。
簡単にポイントを取られてしまう。(-_-;)



年配の熟練プレーヤー。

練習の段階では目立つことなし。
強いボールも、嫌な回転も一切なし…だった。

はっきり言って「あまり強くない人」という印象。
ところが…!!



ゲームが始まって。
徐々にその持ち味を出し始める。

お世辞でもきれいとは言えないフォーム。
ぼくとつな打ち方で、人に安心感を与えつつ…

リターンは前に出てライジング。
めちゃくちゃ安定ミスなし。

ボレーの配球もまたいい!
そして絶妙なタイミングのロブ!



はっきり言ってボコボコ。
楽勝なタイプと安心していたら…(-_-;)

こういうテニスは自分の目指すところでもある。
もう、今からパワーヒッター無理だし。

その彼と一緒に組んだ時の「安心感」。
どこが自分と違うのか?



今の自分は「振り切って」良いボールを打つのがテーマ。
でも、こうしてボールを当てて置きに行くタイプ。
意外とゲームでは強かったり…

華麗なテニスを目指すより、
地味でも本当に勝てるテニスか。
年齢に合ったテニスを考えるべきなのか…

そんな再認識の一日。


たまには、こちらもゆっくり見ない?
↓↓↓
人気ブログランキング
タグ:テニス配球
posted by ani at 09:35 | ☔ | Comment(0) | こんなタイプの人います?

2009年11月15日

いいボール打つんだけど…

時々一緒にテニスをする男性。

安定したスピンボールが打てるタイプ。
ウォームアップのミニテニスでも、最初から乱れずしっかりと打てている。フォアはもちろん、バックも問題なし。

ところが…!



ゲームが始まると、ポイントが取れない。
いいボールを打っているのに。
組み立てが悪いのか?

だんだん調子を上げるどころか、むしろ下げていく。
そしてミスの泥沼にどっぷりとつかる。

ゲームが終わると、いつもガックリしている。



人の世話焼いている場合じゃないけど、
もっと勝ててもいいよね、と思う。

ボレーが苦手なのは別として、
その持ち前の伸びのあるスピンボールを生かせていない。

なぜだろう…?



もしかすると、

なんとかミスをしまいとするあまり、
ミスのイメージばかり思い出しているのだろうか?

なぜそう考えるかと言うと、
調子が悪い時の自分がそうだから…

それが逆効果であることを、
最近やっと…(-_-;)


たまには、こちらもゆっくり見ない?
↓↓↓
人気ブログランキング
posted by ani at 23:09 | ☔ | Comment(0) | こんなタイプの人います?

2009年10月25日

こだわり

昨日は久しぶりに雨のテニス。
今時は少しの雨じゃ、みんな止めません。^^;)


メンバーの中に一人特徴のある方がいました。
ガットに徹底して「こだわる」方。

「ガットは何を?」
と聞いたら、専門用語?聞き慣れない単語がズラズラと並ぶ。「……それで、やっと今のガットに辿り着いたんです。」

「あ、ああ、そうですか…」^^;)

自分で張り替えるそうで、「今のはいつ張り替えようかな?」と呟いていたので、「張り替えは頻繁に?」と聞くと、「少しテンションが変わってきたら張り替えます!」と…

自分はガットは切れるまで使うタイプ。というより、こだわりがぜんぜんなく、なるべく切れないように縦糸にポリのハイブリッドという無頓着ぶり。むしろ、こちらの方が変?

だって、高いんだもん。



その彼、組んだペアにいろいろ指導してます。
「ここにボールが来たら、ここに移動」
「今のボールはこのコースへ打つ」
「ここでストレートをケアする」

等々、その指導はきめ細かく…

ペアがどんどん変わるので、自分とその彼が組んだときは同じように言ってくるのかと思えば、まったく指導なし。



というか…
その彼がミスばっかりしてるし…

たしかに配球のコースとか、「よく考えているな」という場面もありましたが、それ以前の問題も。
まあ、調子が悪かったんでしょうね。

人を指導するって、自分にはできないな…
でも、もう少し「こだわり」持つかな。


たまには、こちらもゆっくり見ない?
↓↓↓
人気ブログランキング
posted by ani at 09:30 | ☔ | Comment(0) | こんなタイプの人います?

2009年10月07日

突然サウスポー!

その友人とはテニスクラブ時代から。
もう20数年来の付き合い。

先日(と言ってもずいぶん前)久しぶりに会ったら、なんとサウスポーに転向していた。利き腕の故障で苦肉の策ということらしいけど、そのサウスポーが様になっていて驚いた。

そんな人いるのか?と思った。



そう言えば、またテニスクラブ時代の別の友人。普通の右利きなんだけど、本人曰く「もともと左利きだった」らしい。

そんな理由か、プレー中に突然ラケットを左に持ち替えて打ったりする。それなら、左手でやればいいのに…。どうして右利きに変えたのか一度も聞いたことがなかったのは、何故だろう?と、ふと思った。



そう言えば、またまたテニスクラブ時代の先輩。左と右のスイッチプレーヤーだった。プレー中も突然持ち替えて、どちらへ打ってもフォアで返してきたり、サービスまで持ち替えて打ったりしていた。

その人は、別に何の理由もなく、ただ面白いから両方で打てるように練習したらしい。片方で練習した方が、上手くなったのではないだろうか?



いやあ、懐かしい!

思えば昔いたテニスクラブは人材の宝庫だった。
面白い人のね。^^;)


クリックしてみる?
↓↓↓
人気ブログランキング
タグ:サウスポー
posted by ani at 22:25 | ☔ | Comment(0) | こんなタイプの人います?

2008年10月04日

元気な女性プレーヤー

先日、と言っても結構前ですが…

元気すぎる女性プレーヤーがいました。
でも考えてみたら、女性は元気なプレーヤーばっかりですね。
男性の元気がないのでしょうか?う〜ん(-_-;)

その女性プレーヤーは、可愛い顔して「あっと、やっちまったい!」なんて言ったりします。男性にクロス打ち込まれると、嬉々として逆にハードなショットをお見舞いします。

人はみかけによらないなぁ…

それにしても、いろいろなプレーヤーがいて面白いですね。
世の中捨てたもんじゃない。



ところで、その女性を見ていたら、
ふと思い出したことが…

どこかで見たことあると思ったのですが、1年位?前にどこかのコートで隣でプレーしていたのです。印象が深かったのは、そのフォアハンドショット。

打点を間違えていると思いました。常に間違えた打点でフォアハンドを打ち、そこそこプレーをしていたのです。

知らない人なのに、気になって気になって…
とうとう、その女性と一緒だった男性に話しかけ、見分不相応にもアドバイスしてしまいました!(ーー;)



彼女は素直にアドバイスを聞き、それまではそこそこ打てていたフォアハンドが打てなくなりました。それ見て、責任を感じていたたまれなかったのを覚えています。

記憶に間違いがなければ、その女性。
いや確かだと思う。(相手も忘れているようだけど…)

今は見違えるほどのフォアハンド!
ハードショットを打ち込んで、あたりまえの表情。
緩急つけないんですね。全てフルスイング。



年齢?
(そんなに若くないんですよ…)
おっと失礼。わかりません!

いいですねー、元気な女性プレーヤー。


ありがとう!クリックで1票応援…みなさんのおかげ
banner2.gif
posted by ani at 09:11 | ☔ | Comment(6) | こんなタイプの人います?

2008年04月21日

サウスポーのパワーヒッター!

背も高くなく色白、細めの身体。
どう見てもパワーヒッターに見えない…

なのに、一度コートに入るとボールをつぶしまくる。サーブはフラット系のファーストをドカンと入れて、セカンドは跳ねるスピンを確実に入れてくる。

さらに、フォアのリターンはサービスより速い。
そんなわけないけど、そう言いたくなる。
目が追いつかず、反応できない。
バリバリの体育会系。



考えてみたら…

それ、自分の理想の姿じゃないか!!
そんな相手と対戦するとは…

不思議とサウスポーを意識しなかったけど、それは自分がサウスポーに慣れているから?相手にサウスポーを意識させるほどの癖がないから?はたまた、自分がサウスポーだから?ま、それはどうでもいいけど…



う〜ん…

ガタイがいいから、凄い球を打てるってもんでもないんですね。しかし、どこにそんな力があるのか、わからない。(-_-;)

いや、勉強になりました。
もう、頭にきた!!

1回、山でもこもったろうか…(-_-;)



いくら鍛えたって無理じゃない??

なんて、決して思わないし!!
まだまだパワーヒッター目指してます。

ま、ちょっとお待ちくだされ…


ランキング参加中!クリックで1票入ります。ありがとう!
banner2.gif
posted by ani at 18:58 | ☁ | Comment(2) | こんなタイプの人います?

2008年03月09日

変則テニスが強い!

昨日土曜日は田代運動公園でした。
中津川沿いのナイスロケーションです。^^)

テニスオフで申し込んでいたものの、実は後悔。
花粉+悪質な風邪、体調最悪、マスク着用…(;_;)


しかし

行ってみると、気持ちがいいー!!
思い切り天気に左右される人間です。



さて、そのテニスの方はどんなかと言うと
20代〜30代の集まりです。

総勢10名、テニスオフでの参加3名のみ。
不足分を補うために募集したようで、主催者以外はそのことを知りませんでした。

完璧に若者の集まりにマスクをしたおじさん1人…(_ _;)



でもね、
不思議と身体が動くんですよ。

一番若いのと組んで、5組で2面、リーグ戦。
優勝しました。みんな若者らしく、バシバシと打ち合います。サーブが恐ろしく速い人がいました。前にスピードガンで計ったら190km出てました。と…

よくまあ、こんな中で優勝できたもんだな。^^;)
久々に燃えました!!



さて、そんな中でひときわ印象に残ったのは…

主催者のテニスです。

「変則テニス」と一言で言えばそれまでですが、その粘り強いこと。サーブ、ボレー、リターン、ストローク、どれをとっても強力なショットはありません。でも…

必ずいい場所にいて、いい場所に打ち込んでくる。しかも、フォアも無理せずスライスみたいな変な打ち方で。ちょっと弱々しいフワッと浮いたボールがまたミスを誘う。

他のメンバーが強烈ショットを打つタイプばっかりで、その彼らが「ふわっとボール」に何度もやられている場面を見ました。

優勝争いもその主催者チームとでした。
得失点差で我チームが勝利。

パートナーとして組んだ26歳の彼の、決して逃げずに常にベストショットを打ち込んでいく姿にも感動しました。



学ぶところの多いテニスオフとなりました。

変則と言われても自分のスタイルを信じて磨くこと、そして「アンティシィペーション」常に予測して動くこと。きれいに決めようなどと考えてはいけません。泥臭く勝つことが大切。

その主催者のポーチ&ドロップになす術がなかったこと、宿題がまた出ました。ありがとう!^^;)


面白いテニスブログを見るならこのサイト!
banner2.gif
posted by ani at 09:15 | ☔ | Comment(2) | こんなタイプの人います?

2008年03月08日

70歳のパワーテニス!

以前所属のテニスクラブにその人はいます。

詳しい年齢は実は知りません。
たしか、誰かが「もう70も近いんじゃないの?」って言っていたような。でも、70歳は失礼かも知れません。



その人のテニス…

パワーテニスなんですよ。
40代、50代のプレーヤーだって打ち負かします。
フォアハンド限定の話ですが。^^;)

野球で鍛えた自慢の腕!
テニスエルボーってナンだ?!
40肩、50肩なんて全くわからん!

と豪語していました。

決して腕に優しくない打ち方で、まだまだガンガン行くようです。その逞しい精神力。



その体力がまた凄い…

毎日、毎日ですよ。
朝から夕方まで、まるで会社へ出勤するかのように、テニスクラブに出勤しています。他のご老人のように休みながらお喋りを楽しむわけでもなく、何時間でも黙々とテニスボールを叩いてます。

たとえゲームが終わったばかりでも、「お願いします!」と言うと、絶対に断らない。疲れた顔も一度も見たことない。

自分の方が真っ黒のくせに、私をみると「おっ、あまり黒いからわからなかった!」と決まり文句…(-_-;)



年齢別では全日本に行ってしまうとか…ホント?
同じ年齢であんなテニスする人いないでしょうから。^^;)

いや、もうただ敬服です。
いつまでやるの…?


面白いテニスブログを見るならこのサイト!
banner2.gif
posted by ani at 09:58 | ☔ | Comment(0) | こんなタイプの人います?

2008年02月18日

あるMixのパートナーの話

わりと苦手なのかも知れない…
最近気がつきました。

ミックスダブルスの話です。


クラブプレーヤーなどで、練習量の多い女性は多く、試合運びなどかなり自信をもっている人はわりと多いはずです。ミックスを組む際は、一応「自信ないふり」をしますが…



先日、ある女性とミックスを組みました。

この女性、かなりのツワモノ。
何がツワモノかって、これから話をしますが…

たしかにボールさばきは上手い。ミックスも慣れていて、男性のサーブに苦手意識はほぼ無いみたい。ゲーム作りもかなり経験を感じさせる。年齢も年齢なんですが。


でも、その人のいいショットに、「ナイスショット!」と声をかけると、「この程度のショットで褒めないで…」と言わんばかりの表情で、小さく「ええっ?」って言うんです。

ちっとも乗らない…(-_-;)


おかげで、こっちもミスできない。
ハイタッチなんて、とんでもない。ただただ、淡々とゲームを進行するだけ。

で、たまにこちらが単純なミスをすると…
(最初のうちはドンマイとか言ってましたが)

訪れる沈黙…



う〜ん、息苦しい…(i_i)
ミックスって、もっと楽しくなかった?

おかげさまで、ミックスが大の苦手になりつつ…
あります。

女性(ツワモノ)に要注意!


面白いテニスブログを見るならこのサイト!
banner2.gif
posted by ani at 23:15 | ☀ | Comment(8) | こんなタイプの人います?

2008年01月07日

芹沢スポーツ公園で…

6日は2時間だけテニスをしました。

自宅から比較的に近い芹沢スポーツ公園です。
MTBコースなのですが、車で…^^;)


さて、主催者のIさん。
いつもニコニコして、非常に温厚な人です。
1回テニスオフで参加してからは、メールで毎月お誘いをいただくようになりました。茅ケ崎在住の方です。

テニスのプレースタイルには、その人の性格が表れるものです。このIさんのテニスはまさに、そんな感じ。攻撃パターンはロブが中心で、基本的に防戦一方となります。
あまり攻撃的な性格ではないのですね。^^;)


テニスとは素晴らしいと改めて実感。

本当にいろいろな人に巡り合せてくれます!
テニスオフにも感謝です!

この日…

風邪が悪化していましたが、正月テニスを控え気味にしたため、身体の動きは良かったです。疲れがたまっていなかったのでしょう。^^)


面白いテニスブログを見るならこのサイト!
banner2.gif

2007年10月09日

パートナーのミスに愚痴

先日あるところでテニスをしていた時のこと。

ある男性とダブルスを組んだのですが、聞こえるのですよ、後ろから。たとえば私がボレーをミスした時…

「あらら…?」

決め球のスマッシュをミスすると…

「ああ、もったいない…」

私がその度に「すみません!」って誤ると、無言。
そして、しばらくして「挽回しましょ!」と…

どうってことないようですが、なんか気になりますね。まあ、大抵の人はきっと心の中で多少思うことかも知れません。でも、ミスをした時はパートナーの反応が気になるもの。口に出してはいけませんよね。それも、ボソッと。

別に人間性は悪いわけじゃないと思いますが、と言うより正直なだけかも知れませんが、次は一緒にはやりたくないと思ってしまいました。

人の振り見て我振り直そう…ですね。
気をつけましょう!


banner2.gif
このランキングに参加しています!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。