2009年07月11日

名古屋ポートメッセ

木・金と名古屋国際展示場(ポートメッセなごや)へ。
久し振りの名古屋出張でした。^^)

新幹線は往復とも小田原から「ひかり」を利用。
名古屋駅から会場までは、名古屋高速臨海鉄道「あおなみ」で1本。終点「金城ふ頭駅」は広々した埋立地にあります。

結婚式場 金城ふ頭駅から見たポートメッセ

(↑)あおなみ線終点の金城ふ頭駅を降りて、右側の奥に見えているのが「ポートメッセなごや」です。ちなみに反対左側に見えている変わった建物は「結婚式場」だそうです。



朝5時半に自宅を出て、9時には会場へ入りました!
新幹線もあおなみ線も空いていて、楽ちんでしたよ。^^)

ポートメッセ名古屋 ポートメッセ会場入り口

しかし、表は蒸し暑いこと蒸し暑いこと…



そうそう、宿泊は名古屋から地下鉄で一駅の伏見駅から徒歩5分にある「ビーズホテル」に。

良かったですよ!!^^)Y

まず、料金が税サービス込みで6,500円。
サウナやジェットバスなどがある温泉浴場がある。
インターネットはもちろん使える。
新しいから、部屋もきれい。

それだけじゃない!

金麦1本サービスだって。(やるねー!)
それから、朝の朝食もサービス。
この朝食はあまり期待していなかったけど、実は最高に自分好みだったりして…

コーヒーに、クロワッサンなどの焼きたてパン5種類ほど。ミルク、ジュース、ポタージュスープ2種、玄米粥、パンプキンサラダ、ヨーグルトなど…。すべて食べ放題!!



今回も、喫茶店のモーニングサービス体験できなかったけど、このホテルの宿泊は大満足。

しかし、このホテルの部屋着…

なにか人間ドッグの時に着るものみたいで、丈も短くて、歩くと太ももが前合わせの間から出て、妙に色っぽい。これで、エレベーターに乗って温泉まで行くのには勇気が必要だったが、行ってみるとみんな同じだったので安心。^^;)

女性に会ったら、ちょっとバツが悪かったかも…



今回の名古屋出張。
意外と楽しめましたよ!^^)

↓↓↓(^^;)…
テニスブログランキング(←このブログの順位は?)
posted by ani at 10:03 | ☁ | Comment(0) | 一人旅…

2009年07月08日

奥多摩湖…

火曜日は梅雨の晴れ間!
埼玉入間まで仕事で行ったついでに寄り道…

青梅街道で一路奥多摩へ。
懐かしいね、この道。



さて、御岳山を過ぎて奥多摩湖の入口にあるのは、
この「小河内ダム」

小河内ダム 小河内ダム

久し振りに、暑いくらいの晴天!!
湖と青空がきれいに広がる。

平日とは言え、ドライブのカップルさん達がいましたよ。
のんびりとベンチに座り、湖を眺めていました。
良いなー、この風景。

ネクタイ姿の自分がなんと浮いていることか…

小河内ダム案内版

そう言えば、以前奥多摩湖に来たときは、この小河内ダムに立ち寄った記憶がないのだけれど…



この先は、いよいよ奥多摩湖の始まり。
風情のある湖岸の町を横目に、緑と水色の奇麗なコントラストと湖畔のドライブを楽しみました。古いお店なんか、最高!!

その後は、奥多摩周遊道路へと進む。
さすがにバイクのメッカ。のんびり走っていると、後ろから次々とバイクが張り付くので、その度に左へ寄り抜かさせる。みんな手で軽く挨拶していき、マナーがいいね。

途中、白バイが隠れていた。
バイクのみんなは大丈夫だったろうか?



都民の森を通り過ぎ、その後道は上野原方面と檜原方面へと別れる。上野原方面に進み、その後藤野方面へ曲がり、相模湖へ。そこからは津久井湖を経て帰途へ…



のはずが…

なんと、いつの間にやら前輪から変な音が。
パタパタパタ…

ああ、やっちゃったみたい。
パンクに間違いない!(;_;)



久し振りにJAFのお世話になりました。
自分でやればいいんだけど、なんか面倒で…

年会費も払っていることだし、
たまには使わないとなー、ということで。

JAFの人曰く…
「このタイヤもうダメですね。ヒビが入ってます。」
「4輪とも変えた方がいいですよ。」



ああ、また出費かよ!!
ったく、ついてないなあ…(-_-;)

↓↓↓(^^;)…
テニスブログランキング(←このブログの順位は?)
posted by ani at 22:40 | ☁ | Comment(0) | 一人旅…

2009年06月10日

陣馬街道に寄り道

久し振りに仕事であきる野へ。
寄り道しないわけがない…



ということで。
高尾山を過ぎて滝山街道から陣馬街道へ寄り道。

この陣馬街道。
もともと甲州への最短ルートということで作られた道。
狭い道の両側にローカルな田舎の風景が広がる。

こういうマイナーな感じ、好きなんですよ。^^)



さて、ひなびた農家や田舎の学校などを横目で見ながら、細い一本道の陣馬街道を進むと、やがて左側に「夕やけ小やけふれあいの里」という施設が見えてくる。

夕やけ小やけふれあいの里

通り過ぎてから撮りましたので右側にあるみたいですが、実際は進行方向左側にあります。施設を過ぎて左側と右側に無料駐車場があり、車をそこに止めました。

駐車場からふれあいの里へ 夕やけ小やけふれあいの里内部

駐車場から橋を渡ると、ふれあいの里の施設に出る。
施設の地図を見ると、意外に広くてびっくり。
今度ゆっくり来てみようかな…?

ふれあいの里マップ



ここから陣馬街道を少し進むと、道が二手に分かれる。
左へ行くと和田峠。まっすぐ行くと醍醐峠。

まずは醍醐峠の方面へ。
醍醐川沿いの狭い道を進むこと5分…

おそらくこの辺が最後と思われる民家が左手に。(下の写真左)おばちゃんが庭先で何かしている。なんとも言えない風情を醸し出していて、思わず1枚パチリ。

醍醐峠の民家 醍醐峠方面

この先は峠道に入るようで、Uターンしずらそうなのでここで引き返し。この峠道は走ったことないなあ。MTBならどうだろう?完全な山の峠だからきついだろうな…^^;)



さて、分岐点まで戻り、今度は和田峠方面へ。
こちらも、車の擦れ違いができる箇所は限られていて、カーブミラーが頼り。ミラーを見る習慣のない人は、危ないので走らないようにしましょう。

和田峠方面

路線バスの折り返し点(停留所)を過ぎると、間もなく最後と思われる民家があり、その先は峠道。

この先の和田峠は以前車で抜けたことあり。
抜けると相模湖近くの藤野町へ。

途中、ロードタイプの自転車3台とすれ違い。平日でも走りにくる人がいるんだな。自転車だとかなりアップダウンが大変だと思うけど、よくやるよ。でも、この辺は古の空気がそのまま残っているようで、一人静かに佇んでいると、ロマンチックな気分になる…



おっと、いけない!
仕事に時間に遅れそうだ!^^;)

↓↓↓(_ _;))…
テニスブログランキング(←このブログの順位は?)
posted by ani at 15:02 | ☔ | Comment(0) | 一人旅…

2009年05月19日

前橋150kmドライブ

16日土曜日は店の10周年記念イベント。
夜寝たのは、ほぼ夜中の2時…

そして、朝5時に起きて一路前橋へ。
なぜ新幹線にしなかったのか?
それはドライブを楽しみたかったから。^^;)


しかし眠い…(-_-;)

さて前橋までの道のり、どうやって攻めてやろうか?
圏央道、関越自動車道と行くのは、自分の主義に合わない。高速はあっけなくて面白くないし、眠くなる。だからこそ、こんなに早起きしたのだから…

でもね、5時に起きたのはいいんだけど、なぜか出発は6時過ぎ。1時間何をしていたのか!?たぶん、椅子に座って居眠りをしていたと思う。記憶が甘い!

よーし、ずっと下の道で行くことを決心!
16号線をひた走り、入間から一旦299号線。そして、東飯能から30号線を介して懐かしの254号線を一路北へ。これぞ、八高線に沿って行く由緒正しき黄金のルート。


なんと!
途中朝MACで30分のロスを入れても、9時には本所を通過。日曜日の朝は快適なドライブ。久しぶりに最高の気分。ぜんぜん眠くない!^^)

下の道で行くと、200km位あるのかと思っていたら、なんと前橋中心街まで150kmちょっきり!意外とないんだね。4時間かからないで着いたことを考えると、平均時速40km位か…

こりゃ、速い!
お勧めです。254号線。
ただし、運転の好きな方に限る!


↓↓↓(-_-;)
テニスブログランキング(←このブログの順位は?)
タグ:254号線 前橋
posted by ani at 18:24 | ☔ | Comment(0) | 一人旅…

2009年04月29日

福島県郡山

29日祝日は仕事で郡山へ…

初めて行きました。
あるセミナーに私の扱う位相差顕微鏡を使いたいという依頼があり、行ってきたのです。

天気は晴天!
セミナーの会場となるのが、野鳥の森学習館。
五百淵公園という自然公園の中にあります。

五百淵公園の沼 五百淵公園の沼

この沼の向こう岸に野鳥の森が広がります。
沼沿いに遊歩道を進むと、ほどなく会場となる「野鳥の森学習館」が見えてきました。

野鳥の森学習館 野鳥の森学習館の内部

会場の窓から野鳥の森が観察できます。
心が癒される空間が広がります。

この郡山で面白い人物と知り合いました。
セミナーの講師ですが、そのパワーに圧倒されました!



楽しいときを過ぎ、帰途に着きます。
呑んでいけと言われましたが、帰れなくなりそう。

帰りの新幹線は初めての「つばさ」!

つばさ 100Vコンセント

まだ初々しくて、社内もきれい。
なんと100Vのコンセントがあるんですね。便利…^^)

それにしても、仕事帰りの新幹線は、

やっぱりコレ!

やっぱり、コレでしょ!!
あ〜、極楽(^v^)

テニスブログランキング(←このブログの順位は?)
タグ:郡山 つばさ
posted by ani at 21:56 | ☔ | Comment(0) | 一人旅…

2009年04月03日

大井川鉄道のSL

ひさしぶりの静岡出張。
なんと、懐かしい大井川鉄道沿線でした。

朝早起きして、箱根を越えて1号線をまっすぐ進み、島田市から大井川鉄道沿線の473号線を北上。目指すは家山駅近辺。途中に桜の名所が多々あり、多くの観光客で混雑してました。桜はまさに満開のときを迎えています。^^)

家山駅は大井川鉄道終点の千頭までの道のりの途中にありました。大井川沿いに点々と存在する小さな集落です。こんなところの歯科医院に仕事に来るなんて想像もしてなかった…^^;)


仕事を済ませると、せっかくだから懐かしい千頭駅を目指して大井川沿いをさらに北上。

道の駅.JPG

道の駅もところ変われば…こんな感じ。

そして、着きました!

千頭駅.JPG

千頭駅。観光客はここから、さらにアプト式のある列車に乗り換えて寸又峡を目指すのです。ここは以前テニス仲間と訪れた懐かしい場所です。この上流にきてもなお大井川は広々とした姿を見せてくれます。

千頭でみる大井川.JPG

しばらくすると、駅にSLが到着しました!
久し振りにみるSLは可愛いです。SLには詳しくないのですが、この型はあまり大きなタイプではないのですね。

SLの入船.JPG

山菜そばに心を奪われ、駅前で食べました。
そばが案外うまいのです。^^)


さて、ここからは帰り道となるわけですが、同じ道を通るのは主義に反するので、362号線を使って藤枝まで南下するルートを選びました。地図で確認すると、大井川沿いに島田市まで戻るより、かなりショートカットです。

362号線.JPG 362号線沿いの茶畑.JPG

これがなかなか、舗装はされているもののワイルドな林道です。こんな道を走ると思わずワクワクしてしまいます。まるで広場でリードを解かれた子犬のように心がはしゃいでしまいます。なんででしょ?

そして、静岡とくれば茶畑が山の斜面のそこかしこに…


小一時間走り、362号線から1号線へ、藤枝バイパスを越えたところで一気に海まで南下。久しぶりに久能山いちご畑が並ぶ海岸へ。

久能山辺りの海岸2.JPG

海と空のブルーがとてもきれい。
何時間でも眺めていたくなる。

最後に三保の松原に立ち寄りました。

三保の松原.JPG

さすがに、ここから見る富士山は絶景です。
ちょうどフェリーが通りかかり、絶好のシャッターチャンスを演出してくれました。もっともカメラと腕がNGですが…^^;)

ドライブには絶好の天気でした。
久々に心の洗たく。^^)

テニスブログランキング(←このブログの順位は?)
posted by ani at 10:34 | ☔ | Comment(1) | 一人旅…

2009年03月31日

蔵造りの町並み

3月30日からの連続テレビ小説の舞台。
小江戸と言えば「川越」。

長い歴史を持つ城下町です。
川で囲まれていて、どちらへ行くにも川を越えることから「川越」と名付けられたのでしょうか?(勝手な想像です^^;)

蔵造りの町並み 蔵造りの町並み

こんな蔵造りの町並みが続きます。
西武線の本川越駅、もしくは東武線の川越市駅から徒歩10分程度で、この街並みにたどり着きます。

時の鐘

奥に見えるのが、「時の鐘」です。
古いもの好きには、たまらない町並みですね。

芋菓子店 くらづくり本舗

くらづくり本舗の左側に見えるアンティークモダンな建物は、埼玉りそな銀行川越支店。この雰囲気、なんとも言えません…

自動車が通らなければ、もっと風流なんだろうと思いますが、この道も重要な生活道路でしょうから仕方ありません。

蔵造りの町並みを楽しみながら、さらに進んで脇道に入ると、そこには古き良きお菓子屋さんが並ぶ、「菓子屋横丁」がありました。

菓子屋横丁

しばし、古の川越城に思いを馳せる旅でした。
たまにゃいいよね、こんな旅…^^)


テニスブログランキング(←このブログの順位は?)
タグ:川越 蔵造り
posted by ani at 09:04 | ☔ | Comment(0) | 一人旅…

2008年11月22日

越後高田の家庭料理

直江津駅に着いたころ、辺りは真っ暗。
まだ4時前なのに…

町は真っ黒な雲に覆われている。

間もなくバケツをひっくり返したような雨が!
稲光と雷鳴が凄い!

海の方からその暗雲は町を包み込み、山側にわずかに見える晴れ間をやがて呑み込んでいった…



実は、この日(22日土曜日)
仕事で上越の高田まで出張だった。

長野回りかな?とボンヤリとイメージしていたら、最短は越後湯沢経由だった。地図で確認し納得。

スキーで何度も訪れている懐かしい駅…越後湯沢。
思ったより雪は少なく、まだスキー場もオープン前の様子。
その後、ほくほく線でこの暗雲立ち込める直江津へ。



悪天候の影響か、直江津から高田までの信越本線が遅れ、駅で1時間近く足止めされた。(-_-;)

やっと高田駅に着くころ…

ちょうど直江津方面からの暗雲が電車に追い付き、ここ高田駅前も天候が急変する直前だった。その後間もなく、ここも嵐に突入することに…

takadaeki2.JPG
駅内から見た高田駅前の夕暮れ

情緒あふれる駅の佇まい…

ここは、徳川家康六男忠輝が築城した「高田城」がある城下町。駅から割と近い所にある「高田公園」の中にその高田城はある。

この駅、明るいときに見ればこんならしい。
takadaeki3.jpg



仕事は1時間半で終わり…
とんぼ返りは残念、やや未練が残る。

しかし、また電車が来ない。(-_-;)
1時間の暇ができた。

駅前の商店街を散策し、家庭料理の店に入る。
入口の「晩酌セット 生ビールとおつまみ4点付き 1,570円」と書かれた張り紙が目に焼きついたのだ。

期待はしていなかった。
時間つぶしが目的だったから。

しかし…!!



生ビールの後に次々と出された「おつまみ」に驚いた!

・卵と玉ねぎと肉の煮物(小鉢)
・ブリと大根の煮物(小鉢)
・刺身盛り合わせ(かんぱち?2切れ、マグロ4切れ、甘エビ4尾)
・アジフライ(大)とサラダ

なんと立派な「おつまみ」だろう。
大満足の晩酌だった。^^)/



帰りは、直江津行きがさらに遅れ、急きょ長野回りで。
なんとか長野発最終東京行に間に合った。

今思えば…
トラブル続きで、
むしろ思い出深い旅になった。^^;)


ありがとう!クリックで1票応援…みなさんのおかげです。
banner2.gif
posted by ani at 14:25 | ☀ | Comment(0) | 一人旅…

2008年09月11日

SLの里

真岡鉄道…

それは小山駅で東北新幹線からJR水戸線へ乗り換え、下館駅というところから出ている無電化の単線。

この単線に休日などSLが走るらしいのです。
そうこうしていると、ホームに電車が入ってきました。

moukasen.JPG mokasen.JPG

なんとも可愛らしい1両編成のディーゼル。
「Moka Railway since1988」の英字がまたいい!

やった! ローカル線の旅!

moukasen2.JPG moukasen3.JPG

山や畑を突き進むローカル線。
途中の駅前は、畑だったり公園だったり…



約1時間ちょっとのタイムスリップ。
途中の「真岡駅」はSLの形をした駅舎でした。

そして、辿り着いた終点…茂木駅。

moteki-st.JPG motegi-annai.JPG

意外とモダンな駅舎だったりして…

駅前の観光案内を見ていたら、あちこち行ってみたくなりました。これが仕事じゃなければね…^^;)



sobaya.JPG

仕事を済ませて、案外旨かった駅前の蕎麦屋で田舎そばを食べて、早々に帰途につきました。

ああ、残念…!(-_-;)


ありがとう!クリックで1票応援…みなさんのおかげ
banner2.gif
posted by ani at 13:41 | ☔ | Comment(0) | 一人旅…

2008年08月08日

八王子の怪…

NPOの関係で埼玉坂戸まで行きました。
そして、その帰り道。

いつも、この帰り道は自分にとっての冒険です。
地図など一切持っていかないし、ましてやカーナビなど見ない。(ついてないし…)

毎回新しい道を開拓します。
そして、時に方向を間違え、奥多摩湖方面に向ったり、秩父方面に向ったり…軌道修正の連続。それが楽しくて仕方ない。^^)



さて、そんな中解決できない大きな問題。

八王子の怪…

この八王子を越えるのはいつも夜になる。八王子へのアプローチまでは何とかたどり着いて、いざ八王子を抜けるとき、それは起こる…

八王子から高尾を中心とするその一帯。
ちょっと自信のある方向感覚にのみ頼り、知らない地名を見ながら進む。およそ、この方向だろうと知らない道を進むわけです。

すると…

いつしか同じところに戻っている。
確かにある方向へと進んだはずなのに…

そして、その瞬間に方向が全くわからなくなる。
自分にとっての謎のバミューダ海域…



家に辿り着いてから地図をみて復習。
迷いながらも、脳裏に残る地名を地図上に探す。

そして、あることに気がついた!

自分のイメージにある八王子近辺の地図が、実際の地図と大きく違っている。長年かけて蓄えた位置関係のイメージが致命的に歪んでいたことに気がついた。



未だに克服できない八王子…
完全攻略を目指して闘志に燃えております。(-_-;)



ランキング参加中!クリックで1票入ります。感謝感謝!
banner2.gif
posted by ani at 08:53 | ☀ | Comment(0) | 一人旅…

2008年05月13日

甲府の国玉町へ…

5月12日月曜日朝8時30分…

山梨県甲府市国玉町(くだま)を目指して出発。
仕事であっても、旅は旅。
わくわく!^^)

※仕事だからMTBじゃなく、車、車!!



往路は、相模湖ICを横目で見ながら、そのままルート20を進む。それで石和温泉付近まで行って、そこから甲府駅の一つ手前にある「酒折駅」方向を目指す予定。

相模湖、藤野、上野原とやや古びた街道沿いの町並みが好きだ。やがて何度となく表れる青地に白字で「右はあきる野」方面を示す案内標識が旅心をまたくすぐる。

普段走らない道を走るというだけで、なぜこうも嬉しいのか、いつも疑問を感じながら、嬉しいんだからいいか…って感じで。こういう時の頭の中は空想の世界だ。そして急に昔の些細な一場面を思い出したりする。



さて、ドライブは快調でほぼ予定時間に現地に着く。
この国玉町というエリア、実に広々としていて、心が落ち着く。環境は人の心を変える大きな要素だなってつくづく思う。近くには山梨大学などがある。

仕事は数時間で終わり、また楽しいドライブだ。

同じ道を走るのは嫌いなので、復路は石和から御坂を抜けて河口湖へ出るルートをチョイス。この御坂峠には御坂スキー場があり、ナイタースキーでよく来た。

河口湖を抜け山中湖へ。
あまりに富士山がきれいで、湖畔に車を止めて撮影。

Yamanakako.JPG

富士山もっと大きく見えたのに、撮るとこんなに小さい。やはり携帯カメラではダメですね。



車はそのまま、道志道に入る。
途中にある「道の駅」では、母へのお土産の「刺身コンニャク」をゲット。最後の1個がかろうじて残っていた。

mitinoekidoushi.JPG

ここの刺身コンニャクは本当に美味しい!
本当にどこのより旨い!



なわけで、久し振りにのんびりとした1日。
こんな仕事を「旅」ってのはどうよ…って思うけど、自分にとっては、これも充分な旅!!

いいですね、やっぱりドライブは。^^)


ランキング上昇中!クリックで1票入ります。感謝感謝!
banner2.gif
posted by ani at 20:13 | ☔ | Comment(1) | 一人旅…

空荷ダンプの恐怖!

夜中に国道20号のつづら折りを走っていた。

運転に自信のある私は、タイヤが鳴く寸前のコーナリングを一つひとつ確認するように楽しんでいた。夜間で対向車のあるなしがわかりやすいので、ダイナミックなアウトインアウトのライン取りを楽しんでいた。

夜遅いせいか、国道のわりには他に車が走らない…
これはいい!練習には最適!



しばらく走っていると、バックミラーに一瞬の光!
まだ遠くだが、他の車がいるらしい。

気がつかなかったな…
まあ、追いついてはこれないだろう。



ところが…
そのバックミラーに時々映る後続車のヘッドライトが、見るたびに近くなっている。気のせいだろうか?

そんな風に思った途端、そのヘッドライトは急激に近づき、それが乗用車でなくダンプカーのものだとわかった!

なんて速いダンプカーなんだ!



私は、アクセルを強めた。タイヤが軋み音を出し始めた。しかし、ダンプカーのヘッドライトはいつの間にか、自分の真後ろにピッタリとついている!

そして、煽るように排気ブレーキの音を響かせながら、後で左右に振ってくる。私は冷や汗を流しながら、必至でハンドルにしがみついていた。もう、この車でこのダンプカーを引き離すのは無理と感じながら…

恐怖の時間は延々と続いた。




これは、実体験なんですが…
きょう仕事で山梨の甲府に行くために、車で国道20号を走りました。(高速は眠くなるので…)

その時に、ちょうど同じ道を走りながら思い出したのです。
今では楽しい思い出ですが。

あとで、きょうの写真をアップします。
(富士山がきれいでした…)


ランキング上昇中!クリックで1票入ります。感謝感謝!
banner2.gif
posted by ani at 08:16 | ☔ | Comment(0) | 一人旅…

2008年04月16日

迷い込んだ鎌北湖…

仕事中であっても旅は旅。

土曜日の川越といい、昨日の毛呂山といい、最近ちょっと埼玉づいている私です。埼玉いいところです。



さて昨日は、NPO法人の事務所が引越しをして、同じ坂戸市内なのですが、伊豆の山町というやや静かな素敵なネーミングの町に行ってきました。マンションの1室ですが、広くて仕事しやすそう。

伊豆の山町、いいところですね。
こんな町初めて知りました。



さて、その帰り道。
知らない道を走るのが好きな私は、当然のように走ったことない道をどんどんチョイス。

頼るのは、自分の方向感覚のみ!
夕日の位置で方向を確認。

そして、微妙な方向感覚のズレでコースは時として大きくはずれていく。昨日も、毛呂山、越生と徘徊し、どうも秩父方向へと引っ張られてしまう。そして、奥へ奥へと…

kamakita1.jpg

目の前に現れた「鎌北湖」。
聞いたことのない湖の名前に、なぜか心が弾む。

ひっそりと佇む湖。
平日でもあり、人の姿がほとんどない。
このホテルに泊まる人はいるんだろうか?

静かな湖なので、別名「乙女の湖」というらしい。



結局、ここが行き止まり。
ずっと戻ることになったが、新しい出会いがあった。

知らない道をただ走るという行為に、なぜ自分の心がこうまで喜ぶのか、実際わからない。

楽しいドライブでした。^^)


ランキング参加中!クリックで1票入ります。ありがとう!
banner2.gif
posted by ani at 09:18 | ☔ | Comment(0) | 一人旅…

2008年04月13日

春雨の津久井湖畔で

昨日の土曜日は仕事で川越へ…

NPO法人の総会があり、川越の「福登美」というお店で、理事や顧問など総勢10名が集まりました。料理が美味しかった。^v^)

2次会を経て、川越駅前のビジネスホテルへ1泊。



今朝はなぜか早くから目が覚めてしまい、それからは眠れなくなり、6時過ぎにホテルを出ました。外は雨…

途中、マクドナルドでまったりと朝マック。
わりと好きなんだ、これが。

16号線ひた走り、そしてちょっと遠回り。
高尾を抜けて、津久井湖へ。

tsukui1.jpg tsukui2.jpg

霧雨が残る津久井湖畔駐車場。
そろそろケヤキの若葉が目立ち始めました。

散ってしまった桜の太い幹には、まだ可愛らしい花も…

tsukui3.jpg tsukui4.jpg

15年以上前のあの頃…

このテニスコートで毎週土曜日にサークルしてた。
そんな懐かしい場所。

久し振りにまったりしました。^^)


ランキング参加中!クリックで1票入ります。ありがとう!
banner2.gif
posted by ani at 12:16 | ☔ | Comment(0) | 一人旅…

2008年03月11日

涙が止まらない場所…

一人旅が好きな理由は
信じられないほど素直な自分になれるから。

興味の赴くままに行動をすれば、少年の頃から何一つ変わらない冒険心がいつだって小躍りする。誰に気を使うでもなく、自分の行きたい方へただ向かう。まるで子どもだ。

現実を離れて空想の世界に遊ぶ。
そういうことか…



三浦半島のとある場所に、それはあった。


複雑に入り組んだ岩浜の海岸線。
幹線道路から横道に入り、海岸沿いのくねった道を進む。時折、古い猟師の家々の間から砂浜と釣り船が見える。

こんなに小さな半島なのに、知らない道が多い。

いい加減進んだ先は行き止まりだった。
道が寸断された先は、海岸への砂道が続く。
左側にはうっそうと草木が茂る小高い丘。

そして、右側に古びた白い建物…



訪れたのが平日の夕方だったからだろうか。
全く人気のない、その場所。
静寂に包まれている。

車をそこに止めて、白い建物に向かった。
建物の入口は、車を止めた道の反対側にあった。

人気のない、その建物の入口。
「○月○日バザーやります!」と画用紙にマジックで手書きされたポスターがあった。

老人向けの施設だろうか…?
こんな寂しいところに。



その時、不覚にも…
涙が止まらなくなってしまった。

なぜだろう?よくわからない。
心の奥底の何かに触れたような。
(霊感だろうか…?)



その場所、どうしても思い出せないのです。
一体どこにあったのだろう…?
夢?ではない!


面白いテニスブログを見るならこのサイト!
banner2.gif
posted by ani at 10:35 | 🌁 | Comment(5) | 一人旅…

2007年09月25日

その道の先にあるもの…

先日23日の城山湖テニスの続きです。

雨でその後のテニスがキャンセルになったので、お昼を食べてから、近くをゆっくりと散策することにしました。

城山湖テニスコートの少し上、城山湖ダム公園の少し前に横道があるのです。梅林に囲まれたこの横道を少し進むと、左側に何やら怪しい階段が見えてきました。

siroyama3.JPG

こんな風にうっそうとした細道の階段は登らないわけにはいきません。車を止めて、歩いて登ることに…

siroyama4.JPG

階段を登り切ると、狭い道路に出ました。そして、その道路を横切るように小さな神社が見えました。全く信心深くない私ですが、こんな時は急に祈りたくなったりします。この誰も来ない感が寂しくて非常にいい雰囲気です。そして、その道路を右に行くと…

siroyama5.JPG

すぐに行き止まり。
そして、この門がありました。「町民の森へ」へと誘う門。怪しい雰囲気。入らないわけにはいきません。門をくぐり、しばらく遊歩道を進むと…

siroyama6.JPG 

城山湖とダムの姿が見えてきました。先に見える緑の斜面がダムで、その向こう側は城山湖です。辺りに人の気配は全くありません。

siroyama7.JPG siroyama8.JPG

このダム上の道を向こうに渡ると「町民の森」でしょうか?時間の関係で、ここで引き返します。このダムの左側にある城山湖の水面と、右側はるか下にある野球場などのグランドを見ると恐くなります。
このダムが決壊したらどうなるのでしょうか?

誰とも会わない、誰も居ない、そんな静かな静かな場所でした。城山湖を挟んで反対側にはダム公園があり、車がたくさん駐車していました。こちら側とは対照的です。向こうが現実なら、こちらは非現実か…?

しばし非日常のメルヘンでした。^^)

banner2.gif
このランキングに参加しています!
posted by ani at 12:14 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 一人旅…

2007年03月25日

迷い道…続き

そのお店は「こだわり」に満ちていました。
古民家の玄関のような引き戸を開けると…

agano4.JPG

この右側が店内になっています。
一瞬、誰も居ないのかと思ってしまいました。

agano5.JPG

ご店主の自作の絵です。
この店にはこのような「自作」の絵がたくさんあります。

agano6.JPG agano7.JPG

トイレの前の絵(左)とテーブルに描いた絵(右)。

agano8.JPG agano9.JPG

珈琲を入れるご店主と、いただいた珈琲です。
砂糖は?と聞くと、ブラックで飲んでくださいと…

このお店はまだ始めて1年半で、もともとは東京の青山でやっていたそうです。この土地には縁もゆかりもなく、この建物が気に入って購入したとのこと。ちなみに購入より改装の方がお金がかかってしまったらしい。

「ミスマッチの面白さです。」
ご店主は自らの店をこのように説明していました。「昭和」を感じる懐かしい品々が店内のあちこちに無造作に置かれ、厨房には最新のエスプレッソマシンがあり…

珈琲代420円で、甘いものもいただき、そして時間を忘れての語らい…と、タイムスリップを楽しみました。

また絶対に行きます。^^)/


banner2.gif
ポチッと応援していただけると嬉しいです!
posted by ani at 09:58 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 一人旅…

2007年03月23日

迷い道…

昨日は仕事で埼玉に出かけたので、
帰り道はいつものように徒然なる道草。

道をあえて迷うのが好きなんです。
299号線を西へ西へ、日高から秩父へと向かう道。

帰り道からは遠ざかっていくかも知れない道(未知)。

agano1.JPG

この道は自分をどこへ導いてくれるのだろう?
わくわくせずにはいられない。


吾野地区…

秩父市との県境に近い、飯能市の西端エリア。
飯能市は現在埼玉県で3番目に広い市なんだとか。
ちなみに1番は秩父市、2番はさいたま市。

高麗川沿いに299号線と西武池袋線が走る。
その沿線に続く、小さな集落たち。


ふと道沿いに気になるお店が…

一旦は通り過ぎたものの、気になり戻った。
場所は西武池袋線「正丸駅」にほど近い場所だった。
そう、「正丸峠」はよく聞く名前だ。走り屋だけでなく、心霊スポットとしても有名らしい。こんど夜中に行かなきゃ。^^;)

agano2.JPG

つい見逃してしまいそうなお店。

何げない佇まいながら、何かを感じさせる雰囲気。
本物の珈琲を飲ませるとの看板も気になった。

agano3.JPG

近づいてみると、ますます興味がわく!
この誰も居ない感がまたいい!

峠のごはん屋…

この後、このお店で珈琲をいただきながら、そのご主人との楽しい語らいが待っていた。出会いとは実に偶然で楽しい。

続く…(長くなるので)


banner2.gif
ポチッと応援していただけると嬉しいです!
posted by ani at 09:14 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 一人旅…
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。