2007年10月17日

リターンミス

相手のサービスゲームをブレイクしなければ、絶対に勝てないのがテニス。(6ゲーム先取は別として)

となると、リターンが問題に…しかし

サービスリターンを苦手とする人は多いと思います。


それほど速くないサービスでも、それほど厳しくないコースでも、なぜかミスが多い。メンタルの影響が大きいのは事実でしょうね。「苦手意識」がメンタルブロックになっています。

でも、「苦手」なものをいきなり「得意」と思うことは無理ですし、メンタルを修正するのは時間がかかります。で…


自分の場合ですが…

中上級者では、バックよりむしろフォアのリターンに急性苦手症候群が発生します。突如として不調に見舞われます。すぐに修正しないと、症状が重くなり治りにくくなります。思わずバックに回り込んだりしてしまいます。

ありませんか?

先日ふと思ったのですが、一旦「なんかいやだな…」と思った瞬間から、身体が自然とボールに対してこんな反応をします。

1.ボールに対してステップバックしてしまう。
2.テークバックが大きくなる。

条件反射です。自然な身体の反応です。


まずは、ボールに対して迎えに行くこと。どんなに速いサーブでも必ず前に出て取ること。これにより、テークバックも小さくなり、振り遅れがなくなります。かなり意識してやる必要がありますけど。他のことは考えないことですね。結構効果的です。

後はこう考えることでしょうか。
「今はたまたま調子悪いが、いつもはできている。やろうと思えばいつでもできる。」と考えて、気楽にやる。


必ず前で取る!

これがポイントでした。(自分の場合はね…^^;)


banner2.gif
このランキングに参加しています!
posted by ani at 10:13 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | テニス技術-レシーブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61070060

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。