2013年10月06日

テニスに対する情熱…

最近、仕事の関係でテニスの機会がめっきり減りました。
月に1〜2回できれば良い方です。

でも、テニスに対する情熱がなくなった…
わけでは、ありません。^^;)



ある確信を持てました。
それは何か?

たとえ練習不足でも、
ボールが上手く当たらなくても、
自分の動きに何か違和感を感じたとしても、

心は簡単に変わることはありません。
では、その心とは何か?



先週、今週とTVで松岡修造の熱血指導を見て…
わかりきっていることに、今さら影響を受けました。

その心とは…
それは「自分を信じる強い心」
自分は必ずできる、と信じる強い心。

もし、それを保つことができるなら、
多少のブランクなど、すぐに解決できるに違いない。



問題があるとすれば、
それは練習不足だという「自分への言い訳」
「だから仕方ないんだ」という自分への言い訳…

そんなことを考え始めたのは、
先日、久しぶりにテニスをした時からです。

そこに表れる「自分のプレー」とは、
自分が思い込んでいる「今の自分の姿」でした。



次回にテニスをする機会があれば、
がむしゃらに頑張るだけ。

「できる自分」を見てみたい。
それが、仕事へも繋がる気がする。^^

本日は、愚痴っぽい話で失礼しました。
posted by ani at 23:09 | 神奈川 ☁ | Comment(2) | 雑感@テニス
この記事へのコメント
テニスで悩んでいました。
「できる自分」を見てみたい。
本当にそうですね。
それだけなんです。

ありがとうございました。

Posted by hikaru at 2013年11月10日 20:41
hikaruさん、コメントありがとうございます!

テニスで悩んでおられるのですか?
私も過去、いろいろ悩みました。
もちろん今も、です。^^;)

だから、自分を信じることにしました。
hikaruさんも、頑張ってください!
Posted by ani at 2013年11月11日 18:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。