2013年04月20日

集中力の言葉で誤解…?

今週末はテニスがまともにできる!
と思ったら、天気が怪しい。(-_-;)

最近、テニス中の集中力が落ちている気がします。
いろいろ気が散ることは多いですから…
言い訳ばかりです。^^;)



そう言えば集中力という言葉。
私は何か誤解したイメージがありました。

それは、たぶん力という文字が連想させるもの。
一生懸命集中するイメージです。



でも、むしろ逆。

「無の状態」とか「ぼーっとしている状態」が近いのかと思います。
その集中状態をフラットでなく、波にすることで瞬間的にさらに高い状態が作れるのだろうと想像します。それがリズムの合っている状態かも知れない…と。あとは、訓練でその波の先端を尖らせていくのでしょうか?

「今、そんな状態かも…!?」という時はあれど、
常に体験していないため、はっきりとはわかりません…^^;)



上手い人は普通にやっていることと思うのですが、
こうして、言葉で説明するのは難しいのだろうと思います。

だから、集中に四苦八苦している自分こそが、
苦し紛れに、言葉にして理解しようとしているのです。



これが、きちんと理解できたとき…

たぶんサービスのスピードは必ず上がります。
ストロークのスピードも必ず上がります。
それは、自信をもって言えます。

↓たまには、こちらもご覧くださいね。
人気ブログランキング
posted by ani at 09:23 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | 雑感@テニス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。