2013年03月17日

力を入れる感覚を排除する

今週末は茅ヶ崎しおさい広場でテニス。
2日間とも良い天気でした。^^

siosai0316.JPG



花粉症は絶不調だし、全身疲れている感じのわりに、気持ちよく打てた2日間でした。

さて堂々巡りではありますが、
改めて大事なことに気付きました。

力を入れる感覚は「排除」した方がいいのかも知れません。
大切なことはリズムにのって打つことであり、
力む必要は「常にない」ということ。



なぜ、常にリズムにのって打てないのか?
たぶん、心のコントロールが、
うまくいかないから。

たとえば、頭の中を真っ白くデリートするイメージは?
いや、頭の中の言葉を、端からワイプする感じ?
うまく行かないときは儀式が必要です。



本日少しだけ、この感覚を取り戻しました。
不思議とサーブもよくなります。

ただ、長続きしないのが自分の欠点であります。^^;)

↓たまには、こちらもご覧くださいね。
人気ブログランキング
posted by ani at 15:29 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | テニス技術-総合
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。