2012年09月08日

たまには、こんなです…

彼女はきっと…
人一倍感受性が強かったのかな?
だから、何かと泣いていた。

きっと仕事もできたに違いないし、回りの人から愛されたりもしていたんだろうと思う。ただ、少し感受性が強すぎて、ちょっとしたことで心傷つくこともあったのだろうと思う。

誰のことか、わからないでしょ…^^;)
独り言です。



人は生まれてすぐに泣く。
一番素の状態は「泣いている」と聞く。

その証拠に、人は悲しい時にだけ泣くのではなく、感動したとき、悔しいとき、感謝の気持ちで一杯のとき、人を愛するとき…と、なにかと泣く。



ところで、自分は一人旅がお好き。

山間の小さな集落の古ぼけた小さな民家、
そこに人が住むと思うと、なぜか目頭が熱くなる。

そこに住む、寂しい老人を思うのだろうか?
親の姿を、そこに見るのだろうか?
誰かを愛おしむのか?

懐かしい気もすれば、悲しい気もする。
自分で意味がわからない。



旅は、自分を一番素直にする。
人に優しくもなれる。

こう見えて自分…
かなり感受性の強い方かも知れない。
自分でもわけがわからない。

人といると、衝突も多いけど、
だから、一人でいるのが好きだけど、
やっぱり一人は寂しい。



何が言いたいのか、わからなくなってしまった。
何か言いたかったはず…(_ _;)


↓これ見てくれると、ランキングが上がるのです。
人気ブログランキング
posted by ani at 22:36 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | ひとり言…
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。