2012年07月16日

自分はテニス上手い?

いや、思ったわけです。
みんな、自分のことは欲目で見る。
それが、一番自然なのかな?って…



テニス談義。
言わない人も、実は内心思っている。
私は、あの人より上手いし、負けないと思う。

それを「言う」人は、実は正直な人なのかな?
過大評価、過小評価、いろいろあっても、自分への欲目は同じ。



実は、こういう話を聞くと「はっ」とすることがあるのです。
へぇ〜、そんな風に思っているんだ…と。
面白いですね!

言う人は、自分なりに根拠あるのだろうし、
自分に自信を持つことは大切なこと。

たまに「それはちょっと…」な人もいるけど。



ただし、人の評価をするのは微妙です。
と言うより、人の評価を人前で言うのはかな?

「あの人より、あの人の方が上手い」とか…
それを本人が聞いたら「がっかり」するだろうな。
それを本人の前で言うツワモノもいるし。

どうでしょうか?



みんな向上心を持ってテニスやってるし、誰よりも上手くなりたいのは同じ。人のテニスを比べるのって誰もが興味有り、また話題として面白いけど、この「上手い下手評価」は本人にとって辛辣かも。単純には認められないし、笑い事ではすまない。

だから、そう思ったとしても決して言いません。
それって、一番タチが悪い?

まあ、実際人のことを言う余裕はないしね…^^

↓たまには、こちらもどうぞ。
人気ブログランキング
posted by ani at 22:27 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | 雑感@テニス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。