2012年05月18日

緊張って何?

緊張とリラックス。
以前にも何か書いた気がする。
でも、実は本当に理解しているわけじゃない。

なぜか、ここには
テニスの悩みを解決する全てが凝縮されている気がする。



ある人物の情報で以下の表現を見た。
「緊張とリラックスを併せもつことが重要」

ちょっと待って…
緊張もリラックスも反射的な反応でコントロールは難しい。
両方を良い加減で併せもつなんて、不可能じゃないの?

では、どうしようもないのか?



例えば何かに怒りを感じたとき。
怒りを感じてから自分の気持ちをコントロールするのは難しい。

でも、怒りを感じる対象を減らすことはできる。
普段から「考え方」を少し変えること。



反応そのものをコントロールするのではなく、
反応する対象をコントロールすれば良い。

そういうことを言っているのか?

緊張感を高めるために、例えば「このゲームに勝ったら、自分にご褒美を用意する」なんてのも有りか。「負けたら罰則」はネガティブだから…。あるいは、ゲームの勝ち負け以外の目標を作っても良いかも。例えばサービスエースを10本は決める、とか。

リラックスするために、音楽を聞くとか、来月の楽しいイベントを想像するとか、対戦相手の面白いところを見つけるとか、パートナーを笑わせることを考えたり、とか。「テニスができて幸せだな〜」ってほのぼの感じるのも自分的には効果的。



でも、たぶん我々は無意識にこれをやっているんでしょうね。
問題は、どちらかに極端に偏っているとき。

最近「ミックス」って緊張します。
女性が恐いわけではありません。

↓たまには、こちらもどうぞ。
人気ブログランキング
posted by ani at 09:12 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | 雑感@テニス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。