2006年10月27日

サーブ2本の意味…

先日、あるブログでこれを目にした時
前に聞いたダブルファーストのことを思い出しました。


サービスは2本です。

ファーストは思い切り打って、セカンドは入れにいく。
そのように打っている人が多いと思います。
私ももちろん、その一人…


サーブの上手い友人が、以前言っていました。

「僕はファーストサーブを2本打っている!」と…

彼の理論では、ファーストサーブとセカンドサーブに違いはない。自分の最高のサービスが65%の確率で入るように調整すれば、2本ともそれでいく。2本とも65%なら、2本続けてミスする確率は12%程度になる。

それ以上、確率を落としてまで勝負するファーストは不要だし、また球威を落としてまで確率を上げるセカンドも必要ないと。

つまり、2本目はとにかく入ればいいと言うのではなく、2本目だってエースを狙う。それで、12%の確率でダブルフォールトなら、それも悪くないと言うのだ。


う〜ん、確かに道理ではありますね。(-_-)

問題は「65%で入るベストなサーブ」が何か?
ということになりますね。

今の私は、しっかりとダブルセカンドですから…(-_-;)


banner2.gif
ポチッと応援していただけると嬉しいです!
posted by ani at 20:03 | ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | テニス技術-サーブ
この記事へのコメント
確かに、2本威力を揃えてこられると、非常にリターンしにくいです。
ファーストがどんなに速くてもセカンドの威力が無い、っていう相手は、ファーストが入らなかった瞬間、「よしっ」って感じますもんね。

その時点で、強気になれますから。。。

65%サーブ…明日、試してみる価値あり、ですね。
Posted by えぽきち。 at 2006年10月27日 23:04
65%の理屈は確かに判るのですが、ファーストサービスが2本連続で入ったら、確率論で言えば、その次は入らない確立が非常に上がりますよね。

ファーストサービスが3本連続で入ったら、次はダブルフォルトなのでしょうかねぇ?

ファーストサービスが入ったからって、ポイントを取れる可能性が7割程度であったら、3度連続してファーストサービスが入っても、30-15。
次にダブルフォルトすると30-30。

65%の確率を得られるサービスの威力がどの程度かによって変わってくると思います。。。

勝手なことを言ってスミマセン。。。
Posted by bunbunshot at 2006年10月28日 16:48
えぼきちさん
弱いセカンドサーブって、リターンで攻撃をしかけられますから、レシーバー有利になっちゃいますよね。^^;)
Posted by ani at 2006年10月29日 10:47
bunbunshotさん
その人が問題にするのは、その試合の中のサービスゲーム全体における確率です。ダブルフォールトが実際にあっても、サービスゲームを取れる確率が高ければ、それで良しとするのでしょう。
だから、当然ファーストサーブに自信がなければ何の意味もないことに…
ダブルセカンドじゃ、ダメですね。^^;)
でも、ファーストボレーを磨くってことも、ありですよね。^^)
Posted by ani at 2006年10月29日 10:53
こう思えて試合運びできたら無敵ですね!
メンタル的にこれすごく使えます。あとは練習で自分のファーストを磨き自信さえつけば消極的にならずにすみます。! ”よしセカンド”だからとサーブしてもダブルフォルトするときはしますからね。これとってもリズムが狂います。 
実は今朝この記事読んだ後、午後にPaul君から呼び出しコールがあり3セットやってきました。
ファーストだけ考えてサーブしプレイしましたが6−4,6−1,6−0です。
相手も対戦者のサーブがいいと精神的にプレッシャーになりブレイクできそうもないという気持ちになりリズムが悪くなるようでした。
Posted by chadのオヤジ at 2006年12月06日 11:34
チャドのオヤジさん
なるほど、実践的なお話ですね。
机上の理論でなく、自分なりにプラスに考えることが大切ってことですね。
Posted by ani at 2006年12月06日 23:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26281472

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。