2006年10月06日

強いボールが打ちたい!

週末が近づくとテニスに対する情熱がふつふつ…

強いボールが打ちたい!

この気持ちが最近特に強いんです。
小技に走りすぎて、気がつくと自分の打つボールがマイルドになっている。そんな脅迫観念に晒されているこの頃です。

先日、強いボールを打つ人に散々やられました。
ほとんどカルチャーショックです。(-_-;)


クラブテニスでは、元ジョッパーとか上手い人はたくさんいるのですが、割りとシニアが多く、学生みたいにガツンと打つ人が少ないんですね。サービスもそんなに速い人いないし…

刺激は常に受けていないとダメですね。^^;)

最近シングルスにやや目覚めたこともあり、特に強いストロークを意識するようになりました。配球や戦術ももちろん大切ですが、試合巧者の相手では戦術で負かすのは難しいものです。経験を積んでいかないとダメですね。でも、強いショットがあれば…

戦術より先に自分に必要なものではないか。
と考えます。


これから心がけていくこと!

それは、なるべく力を抜いたスイングです。

普段の素振りもこれを意識します。常にラケットの重さを意識しようと。がむしゃらに強打しようとして、今更ながらにダメなことを自覚しました。原点に戻るわけです。

むかし、有明コートで始めて見たプロテニスプレーヤーのしなやかでゆったりとしたスイングから繰り出される驚くべき速さのボールが、今でも強い印象で残ってます。(-_-)

あの感覚を掴みたい!!


banner2.gif
ランキングに参加しています!
posted by ani at 10:12 | ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | テニス技術-ストローク
この記事へのコメント
強いボール憧れますね。
来るコースが分かっていても、取れない時もありますし、とんでもなく強く・早いたまにはびびりますもん。
自分も打ってみたいショットですね。
1度だけ経験したことがあります。
320G位のラケットで何の気なしに振り切ったボールが
えらい勢いで相手コートに向かっていきました。
相手の方もその時だけはどうしたの?見たいな感じでしたね。
あれを求めていますが、まだお会いしておりません。
悲しいです。
Posted by QP at 2006年10月06日 12:31
ダブルスではそんなに強いボールは必要ないですが、シングルスはボールに強さがあった方がラリーの主導権が握れますね。一発でエース取れなくても、スピンが効いた重いボールを打てればそのうちチャンスボールがやってきます。

私はボールが軽いので相手が強いと常に相手に主導権を握られ、カウンターパンチにかける一か八かのテニスになってしまいます(;_;)
Posted by mah at 2006年10月06日 12:42
QPさん
楽に強いボールが打てるってことは、腕にも負担が最小限ってことですね。やはり、もう一度ここを目指すしかなさそうです。
あきらめなければ、会えますって!^^)
年齢を逆行して、今からパワーテニスだ!!
Posted by ani at 2006年10月06日 13:00
mahさん
シングルスをやっていると、つくづく感じます。私はフォアがややグリグリトップスピンなので、相手にとってみると威圧感があるようです。しかし、レベルが上がると打ち込まれます。もっとフラットドライブの強いのが欲しいですね。第一気持ちがいいですよね。^^)
Posted by ani at 2006年10月06日 13:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24972917

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。