2011年12月03日

夜明け前の衝撃…懺悔

12月1日木曜日。
仕事のため、朝5時半に家を出た。
埼玉県の足利市市民会館まで車で行く。



気温が低く、冷たい雨が降っていた。
渋滞を避けるため、暗いうちに八王子を抜ける予定。
ところが、既に渋滞は始まっていた。

藤沢町田街道。
ある交差点にさしかかった、そのとき…



ガシャーンと音がして、
対向車線を見ると、バイクが交差点内で倒れていた。

近くに車はなく、単独で転んだと思われる。
どうしたんだろう…?

そう思いつつ、通り過ぎた。
後ろからも続々と車が続いていたが、誰一人止まらず。



気になってバックミラーを見ていた。
倒れたバイクの人が立ち上がらない。
そのうち対向車線にも前から車が走ってきた。

大丈夫だろうか…?
今対向車線をすれ違った車。
あのバイクに気付いて、止まるだろうか?



中国で車に跳ねられた子どもを、道行く人が誰も助けないというニュースが先日流れていたっけ。
あれと一緒じゃないか!この日本でも。

そして、自分もその一人。

心配なら、なぜ止まって助けなかったのか?
正義感の強いあの友人だったら、どうしたろうか?
隣に優しい彼女がいたら、何と言っただろうか?



ただバイクが転んだだけ…
きっと運転手も無事だったろう。

そんな自分への言い訳をしていた。
その日、そのことが頭から離れなかった。

↓いつもクリックしてくださる方、ありがとう!^^
人気ブログランキング
posted by ani at 00:42 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | ひとり言…
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。