2006年08月29日

センターセオリー

ダブルスの基本中の基本です。

この基本を時々忘れます…^^;)

いつでもコートの中心に打てということでなく、相手プレーヤー二人の真ん中を狙うってことを意味します。


強い相手ほど、センターを固めています。


それじゃ、サイドが手薄かと思えばそうじゃない。
サイドは余程タイミングよく打たなければ、逆にチャンスボールにされます。それだけの自信があって、センターを固められるんですね。

だから強い相手とダブルスで対戦する場合、やはりセンターセオリーでいきます。すぐアングルで決めたくなりますが、これはすぐに逆襲されます。反省、反省…(-_-;)


アングルの方が決めたとき気持ちいい?

それこそ一人よがりかも…


冷静に考えるに、センターと言うのは急所なんですね。
パートナーとの長い経験とあうんの呼吸がないと、鍛えようがない場所なんですね。ときどき、改めてこれに気がつきます。

サービスはセンター、センター、ワイド、センターって感じでしょうか。相手がバックハンドが苦手なら、バックサイド狙いってのもありますが。(ま、これはちょっとセンターセオリーとは意味が違うと思いますが^^;)

そして、ファーストボレーはやはりセンター深く。
でも、相手のリターンが弱いとすぐアングルボレーで決めたくなる。それは多用は禁物、反撃されます。相手が横に並んだらチャンス、うまく相手二人の真ん中を狙います。


センターセオリーって言葉、だてじゃないですね…^^)


banner_04.gif
↑ポチッと押してくれると少し上がるんです。
現在57位へ下落中(;_;)
posted by ani at 10:18 | ☔ | Comment(6) | TrackBack(0) | テニス技術-ダブルス
この記事へのコメント
aniさん、こんにちは。

センターセオリー…。

確かに、「やられたー」ってことが一番多いコースですね。
どうしてもその場その場で組む、急造ペアな事が多いので、ゆずりあっちゃうこともしばしば。。。

アングルはミスもありますし。

でも基本はセンターを固める、のかな?
Posted by テニスが上手くなりたい!日記。 at 2006年08月29日 15:09
センターセオリーですね〜
私は下手なくせにアングル打ちたくなる。

でも困ったときは、センターロブも考えてみて。とアドバイスもらったことがあります。

でも・・・馬鹿な私は学習出来ていませんが(爆)
Posted by びびすけ at 2006年08月29日 16:18
テニスが上手くなりたいさん、こんばんは。
ほんとそうです。
二人の間にポトリと落ちたボール、あっけないほど決まってしまいます。一瞬迷うんですね。
逆に言うと、自分のパートナーとある程度相談しておいた方がいいってことですね。センターの処理を…
Posted by ani at 2006年08月29日 20:29
びびすけさん、こんばんは。
アングル、確かに打ちたいですね。
決まった時の爽快感は忘れられません。

それから、センターロブですか。なるほど、それも相手に動揺を誘いそうです。試してみよう。^^)
Posted by ani at 2006年08月29日 20:32
こんにちは。お邪魔いたします。
その通りであります。センターが基本。
それができてはじめてアングルが効くのでありますね。♪
別名 アングル教団というチームでお世話になっておりますが(http://tam2.fc2web.com/index.html
そういえばみんな基本はセンターであります。
Posted by 忍者カッパ at 2006年08月29日 21:33
忍者カッパさん、こんにちは。

アングル教団…面白いですね。覗かせていただきました。やっぱ、好きな人多いんですね。アングルショット。
Posted by ani at 2006年08月30日 10:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。