2011年06月20日

自分の言葉で自分が傷つく

最近、気を付けていることがあります。
自分をののしる言葉。



テニスをしているとき、自分のプレーに怒りを感じることがあるものです。例えば、肝心なときにサーブが入らない、リターンをミスする、ボレーを失敗する、チャンスボールをミスする等々。

こんなとき、思わず言ってしまいます。
「何やってんだ、バカヤロー!」
あるいは、「へたくそ!」とか、「バカか、俺は!」とか…



よく考えると、こういう言葉。
日常生活でも使っていないだろうか。

ちょっとしたことで、腹を立てていないだろうか?
自分をののしっていないだろうか?
そして、そういうことが癖になってはいないだろうか?



何からヒントを得たのか覚えていないのですが、
自分を傷つけていると感じました。

テニスでは、少しずつ実践しています。
調子の悪いときも、自分を受け入れること。
そして、自分を信じること。

結果はすぐに表れます。



ただし、日常生活から変えないとダメだと知りました。
あるゆることは繋がっていくものです。
自分を自分で傷つける。

それは、知らず知らずに自分をダメ人間にしていく力を持っているかも知れない。大げさですが、そう考えることにしたのです。そして、自分を褒めることを増やしていこうと。

言葉で言うほど、簡単ではありませんが…

人気ブログランキング
posted by ani at 10:35 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | メンタル面を強化したい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。