2011年06月10日

パートナーを活かす戦術

特定のダブルスパートナーはいない。
そういう週末プレーヤーは多いと思います。
私もそう…

逆に言えば、いろいろなタイプの人とダブルスを組む。
毎回違う人と組んで、ダブルスをする。



そんな環境でいつもできないことがある。
パートナーの特徴を活かすこと。

自分のことで精一杯なのです。
というより、自分の課題があるからです。
サーブどうしようとか、リターンどうしようとか…



でも、たまには考えてみたいと思います。
パートナーの長所を活かすプレー。
あるいは短所を補うプレー。

大切なことですよね。
全く考えていないことに、時々気が付きますが…



例えば…

ボレーの苦手なパートナーをネットに貼り付けておくことは必要なのか?
上を抜かれやすいパートナーが、自分の利き手反対側にいることは得策なのか?
サーブ&ボレーを得意とするパートナーに対して、自分の取るべきポジションは?
プレッシャーを感じやすいパートナーに対して、どんな言葉をかけるか?

考えれば、いろいろありそうです。



そうそう、先日こんなことありました。

たまたま組んだパートナーの男性。
緊張するタイプらしく、凡ミスの悪循環。
ちょっと考えて、声を頻繁にかけるようにしました。
それも、ゲーム展開とは全く別の話を…

すると、安心したのか徐々に調子を取り戻してきました。
過度な緊張は、上手い人も初心者にしてしまう。

こういうことも、ダブルスの楽しみの一つですね。^^

人気ブログランキング
posted by ani at 21:57 | 神奈川 ☁ | Comment(3) | テニス技術-ダブルス
この記事へのコメント
はじめまして

先日、試合に出て惨敗を喫しました。
数日後、パートナーから「孤独を感じた」と言われました。
その時は、おいおい… と思ったのですが、ちょっと反省。
そこで、【テニス・ダブルス・コミュニケーション・会話】で検索したところ、このブログにヒット!興味深く読ませていただきました。
気付けば三時間が経過していました(^_^;)
色々と共感できる事も多く楽しかったです。
有難うございました。
Posted by ナガサキ at 2011年08月15日 00:22
ナガサキ様

コメントありがとうございます。
と、今頃ですが…^^;)

なんと、コメントいただいたの見逃してました。本当に失礼しました。きちんと見ているつもりなのに…

お互いに、よりテニスを楽しめるよう、頑張りましょう!!
Posted by ani at 2011年09月07日 22:27
ご丁寧に 返信のコメント有難うございます。
記事の掲載から、二ヶ月経っている所へコメントする私もどうだかですよね^_^;)
でも、気付いていただいて嬉しいです(笑)
Posted by ナガサキ at 2011年09月22日 21:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。