2011年03月20日

太陽に向かってのサーブ

テニスのゲームで気がつく、最近の自分の変化。
それは、サービスを打つ時。



苦手意識…

太陽が眩しいサイドからのサーブ。
これは、非常に苦手。
できれば避けたい。

誰でもそうかも知れない。
でも、あまり苦にしていない人もいた。
なぜかな?とずっと思っていた。



それが、最近変わった。

あえて眩しいサイドで打つようにした。
なぜか…?

打てるとわかったから。
新しい打ち方を覚えたわけでもない。
急に眩しくなくなったわけでもない。

でも、打てる。
ある時、打てることがわかった。



苦手意識。
それが邪魔していたみたい。

眩しい太陽が目に入って打てない…
そう考えていたから。
そう考えてしまうことで、ボールが余計見えなかった。



でも、今は見える。
見える場所を探して、トスを上げる。

強い風に対しても、同じ理屈かも知れない。
集中力というのは、そういうものかも知れない。

また一つ、成長しました。^^/


こちらも、よろしく!
↓↓↓
人気ブログランキング
posted by ani at 14:40 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | テニス技術-サーブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。