2011年03月18日

非常停止ボタン

が押されたのは、品川駅。
8分間が流れた。



茅場町で仕事を終わらせ、東京駅から東海道線。
ダイヤは乱れ、車内は混雑していた。

そして電車は品川駅へ近づく。
すると、ホーム側ドアの近くで人が騒ぐ声。

どうやら、誰か倒れたらしい。

首だけ回して見ると、
老年の親父さん。



近くの人たちが協力して、その親父さんを抱え、
とりあえず、ホームへ連れ出した。
その際、誰かがボタンを。

けたたましい非常ベルが鳴り続く。

その後、
車内にアナウンスが流れ、
具合の悪くなった人を無事救護しました、と。

チームプレイ完結。
わずか8分間のドラマ。



自己中の多い都会だけど、
まだまだ日本は捨てたもんじゃない。


こちらもチェック!
↓↓↓
人気ブログランキング
posted by ani at 21:55 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | ひとり言…
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。