2011年03月10日

イメージの正体

どんなスポーツにおいても、キーワードは「再現性」。
カギを握るのは「イメージ」です。



さて…

その「イメージ」とは一体何なのか?
考えたことはありますか?

自分の場合、動画のような映像の記憶と考えました。
例えば良いショットを打ったときの映像。
人の模範的なショットの映像、etc。



でも、何か違うと思ったのです。

例えば「夢」のことを考えました。
夢とは脳に残ったイメージのフラッシュバックです。
決して映画のような連続したストーリーではなく、
かなり瞬間的なフラッシュ映像です。

例えばテニスのゲーム中。
ほとんど瞬間的に身体が勝手に動いています。
これも脳のイメージが動かしていると考えると、
それは、納得がいきます。



それを裏付ける出来事がありました。

最近慶応大学のとあるスポーツの先生と仕事をしています。
仕事の内容とは、あるソフトの開発です。
運動指導に役立つソフトです。

その先生に質問をしたのです。
「イメージ」とはどんなものでしょうか?



先生曰く…

パラパラ漫画のようなものです。
それらを上手くつなげて動作を再現するのです。
だから、上手くいくときも、いかないときもある。

なるほど…
わかったような、わからないような。^^;)


こちらも面白いかも…?!^^;)
↓↓↓
人気ブログランキング
posted by ani at 22:32 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | テニス技術-総合
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。