2006年05月19日

静止バランス

特にテニスのトレーニングではありません。
MTB(マウンテンバイク)のことです。

でも、テニスやスキーなどのスポーツに共通する非常に重要な要素かと思い、最近よく練習してます。それは、MTBで足をつかずに静止した状態を保つ練習です。

キーワードは体軸の安定です。

大道芸などで綱渡りを見ますが、あれと同じです。このように不安定な状態で立つと体軸が左右にブレるのですが、そのブレをだんだん小さくしていくのです。練習してみればわかりますが、何度もやっていると身体が覚えてきます。そのブレが大きいうちは倒れてしまうのですが、ある範囲内に収まってくると立っていられるようになります。

ほんの小さな左右のブレを感じるようになるのに、少々時間が必要です。やってみて分かるのですが、身体が倒れているのに気がつくのが遅れるために修正が間に合わず倒れてしまうのです。

ママチャリだってできるので、やってみては?

テニスやスキーの上手な人に共通している点は体軸が常にまっすぐ安定していることです。考えてみれば、テニスでミスショットをしている時は体のバランスを崩していることが多いような気がします。体軸に気をつけるとショットが安定してきます。

よく言われることですが、改めて重要なことと認識…!
夏はこれで頑張ります!


banner_04.gif
ランキングに参加しています。よろしければポチっと…^^;)
posted by ani at 12:56 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 普段のトレーニング法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18023804

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。