2010年11月27日

イメージとフィジカルの…

最近の疑問…

イメージとフィジカルは比例するのか?
つまり、自分のフィジカルに合ったパフォーマンスを人はイメージするのか、全く関係なくイメージを作ってしまうのか?

後者だとすれば、イメージ通りに再現できないギャップに苦しむ。加齢ととともにできることも限られてくる。意識していないとイメージとのギャップは大きくなる一方なのか?それとも、自動的に調整されてくるものなのか?



どうにもならない時があるのです。
どうにも身体の反応が悪い時があるのです。

その現実を受け入れて、
できるなら上手く対応したいのですが…



最近フィジカルの大切さを痛感します。結局身体の再現性があってこそのイメージ。再現できないものはイメージとして定着はしないのだろうと思うのです。最終的にイメージが壊れてしまうのではないか?とも考えます。

しばらくシングルスに専念するか?
しばらくテニス休んでみるか?
(今もそんな感じに近いけど…)

何らかの変化が必要かも。
考えてみます。


こちらも注目!
↓↓↓
人気ブログランキング
posted by ani at 15:25 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | 雑感@テニス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。