2006年03月30日

握り方の強さは?

平日はテニスはしていない。もちろん仕事…
しかし、イメージトレーニング位はできる。

ラケットのグリップを握る強さはどんなもの?

今まで意識したことはほとんどなかった。最近いろいろ聞いてから、少し意識するようになった。思うに今まで思い切り握っていた感覚が強い。全体的に力が入りすぎていた傾向があったと思う。

どんな握り方がいいのか…?

「ラケットが飛んでいかない程度に、なるべくゆるく握る」のがいいらしい。人間無意識に力が入るものだ。気をつけていないとすぐ力が入りすぎる。それは、グリップだけに留まらず、腕から肩から全部力がはいる。

「いかに力を抜くか」が自分のベストなショットを打つ条件となる。思い切りラケットぐらぐらにしてスイングしてみるといい。ラケットの遠心力やしなりを感じる位にデリケートにやさしく握る。インパクトの瞬間にぎゅっと握ることは意識しなくてもいい。自然と必要最小限の力は入るようにできている。

ただし、ある程度手首を固定して打った方がいいショットもある。それは、ボレーやスライスショットだ。その時には多少インパクトの前からグリップをしっかりと握り手首を固定して打つ感覚の方がピッタリとくる。肩の力を抜くのは共通しているが…。

やっぱり、今でもプレー中はほとんど意識していない。しかし、今度は少し意識してみようと思う。手の中でグリップがぐるぐる回るくらいに、やんわりと握ってそのまま打つことを!

ランキングに参加中!(応援の1クリックを…^.^;)
banner_04.gif にほんブログ村 テニスブログへ


posted by ani at 21:52 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | テニス技術-総合
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。