2006年03月24日

イメージトレーニング

テニスをした後で必ず行なっていることがある。
良かったプレーを思い出すことだ。

快心のサービスエース、ボレーの組立て、絶好のロブ、パッシングショットなどなど。その日の良かったショットやプレーを、その日のうちに思い出しておく。これは案外有効なことだと思う。

もちろん、ミスショットのことなんか思い出してはいけない。そんなものは打った瞬間に記憶から消し去った方がいい。ただし、ポーチミスやスマッシュされたロブ、パートナーとのコンビネーションミスなどの失敗したプレーは原因をしっかりと究明しておいた方がいい。

普段の練習として、時間をみつけて素振りをしている。
その時に単にラケットを振るのではなく、テニスコートにいることをイメージして、相手からのどういうボールをどこへ打つかまでイメージしながら素振りをする。当然イメージする状況はいろいろと変える。

そして、それぞれにあったベストなスイングとインパクトを考えながら素振りを続ける。基本はなるべくスムーズなスイングだ。無駄な力が入らないように気をつける。どんなボールを打つときも無駄な力が入らない習慣を身につける。

想像力が豊なら、これで結構楽しめる。
できれば仮想の相手をテニスコートの向こうに置くとよい。相手は具体的な過去の対戦相手だ。どんなボールを打ってくるかがわかっているのでイメージしやすい。

こんな練習…暗いと言ってはいけない。

楽しいテニスブログがいっぱい!(ランキングに参加中^^)
banner_04.gif にほんブログ村 テニスブログへ
posted by ani at 19:48 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 普段のトレーニング法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15394561

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。