2009年12月13日

ボールさばきの巧い人

苦手なタイプを再発見。
簡単にポイントを取られてしまう。(-_-;)



年配の熟練プレーヤー。

練習の段階では目立つことなし。
強いボールも、嫌な回転も一切なし…だった。

はっきり言って「あまり強くない人」という印象。
ところが…!!



ゲームが始まって。
徐々にその持ち味を出し始める。

お世辞でもきれいとは言えないフォーム。
ぼくとつな打ち方で、人に安心感を与えつつ…

リターンは前に出てライジング。
めちゃくちゃ安定ミスなし。

ボレーの配球もまたいい!
そして絶妙なタイミングのロブ!



はっきり言ってボコボコ。
楽勝なタイプと安心していたら…(-_-;)

こういうテニスは自分の目指すところでもある。
もう、今からパワーヒッター無理だし。

その彼と一緒に組んだ時の「安心感」。
どこが自分と違うのか?



今の自分は「振り切って」良いボールを打つのがテーマ。
でも、こうしてボールを当てて置きに行くタイプ。
意外とゲームでは強かったり…

華麗なテニスを目指すより、
地味でも本当に勝てるテニスか。
年齢に合ったテニスを考えるべきなのか…

そんな再認識の一日。


たまには、こちらもゆっくり見ない?
↓↓↓
人気ブログランキング
タグ:テニス配球
posted by ani at 09:35 | ☔ | Comment(0) | こんなタイプの人います?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。