2006年02月13日

絶妙なロブがくる!

私はサーブの後ボレーで決めるのが好きだ。

というより、サーブを打ってそのままステイするのは非常に居心地わるい。だから、たとえセカンドサーブでもネットダッシュする。おのずと、セカンドだからと言ってあまいサーブを入れると命取りになる。やはりセカンドは相手のバックに高く跳ねるスピンに限る。うまくすると相手は少し下がって取ってくれるので、十分前につめる時間ができる。

そこで、ネットに向かってダッシュする訳だが…

特にミックスダブルスにおいて自分のサーブでネットにつめると、パートナーの頭を越すロブが打たれることがある。男ダブなら問題ないが、やはり女性パートナーの場合ロブの処理で不利になることも多い。実はこれで何度となくやられている。そんなとき、女性パートナーには少し下がって構えてもらったりしてたが、それも相手にプレッシャーを与えることとは逆の行為だ。自分の相手ペアの前衛が下がったら、きっと返しやすいと思うだろう。

一番いい方法を模索していた。

でも、それは案外パートナーの立ち位置という問題よりも、自分のネットダッシュの仕方に問題があるとわかった。ネットへのダッシュは結構速いほうなので、相手にプレッシャーを与えていると思うが、逆にそれがパートナー頭上のロブへと向かいやすい。

ネットへの突っ込みすぎは逆にロブの絶好の狙い目となる。

基本的には、十分時間があっても一旦はサービスラインあたりで止まった方がいい。ロブを上げる前の動きは意外とわかりやすい。そこで、一旦レシーバーのラケットと姿勢を確認すればロブにも対応できる。

ミックスでパートナーの頭上を越えたロブは、できれば素早く移動してスマッシュしたい。一度スマッシュをすると、相手はもうロブを打てなくなるだろう。移動が遅れてロブを拾いに行くと形勢が逆転しやすいので要注意だ。

これは次回のミックスをやる時にぜひ試してみたい。
もっとも、これはネットダッシュの基本だと思うが…

余談…

ミックスのパートナーのレシーブは相手にポーチを狙われる。そこで、最初のパートナーのリターンでいきなりストレートを狙ったらどうか?もちろん低いリターンでなくてはならない。そして事前に示し合わせておかないと簡単に決められてしまうかも知れないが。決められてもともとでもいい。意外性もあり、うまくすると相手はポーチに出にくくなるかも知れない。試した人もいると思うが、初っ端のストレートはかなりインパクトが強い!!
もちろん時と場合(相手)によるのだが…

テニスブログがたくさんあります!(ランキングに参加中^^)
banner_04.gif

にほんブログ村 テニスブログへ
posted by ani at 20:47 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | テニス技術-ダブルス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13242753

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。