2006年02月12日

エコーバレー行きました

CIMG0006.JPG
2月11日天候は晴れ。絶好のスキー日和!!
のはずでした。

しかし、北風強く!寒!!

最初は元気で滑っていたものの…

昼食後の後半は寒さで身体が硬くなり、ヤル気消失。
人間の身体とは面白いもので、気持ちが消極的になるととたんにパフォーマンスに現れてくる。自分ではっきりと変わってきたのがわかるほどに。

まず、身体が遅れる。いわゆる後傾気味のポジションとなる。そして、いつもなら気にならないギャップでバランス崩す。そして全体的に不安定になり、ますます気持ちは後退。

そこで、友人に「もう上がろう」と提案し、少し早めに切り上げた。自分勝手ですみません。でも、もうあまり滑る気にならなかったので。急にヤル気がなくなることって、実はテニスでもあるのだ。誰でもあるのかな?

次回、この気持ちの「陰」と「陽」について考えてみたい。
コントロールできないものか…?

現在80位台…(^^;)応援頼む!
banner_04.gif

こちらもクリック頼む!(^^;)
にほんブログ村 テニスブログへ
posted by ani at 09:53 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | スキーの話題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13173069

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。