2009年09月30日

サーブの回転方向

よく言われることですが…

テニスのサービスは、その回転のかけ方でスピンサーブ、スライスサーブ、フラットサーブなどに分かれる。普通の右利きの場合、ボールの回転方向を時計に例えると12時〜15時の範囲の中に全て入ると言われます。

ずっと、それを信じてきましたし、自分でもそうやって打っていると思っていました。いつもはスピンサーブが中心ですが、スライスサーブも時々打ちます。

でも、ちょっと疑問が突然…



スライスサーブで、16時方向とかないのでしょうか?

つまり、それこそストロークで言うスライス回転(逆回転)です。自分は打てないのですが、サービスでリバース回転をかける人がいます。もし左利きの人がリバースで打てば、まさにこの16時方向の回転ではないかと思ったのです。



では…
リバースではなく普通のスライスサーブでは?

打点を目一杯高くとった場合、ボールインパクト後にラケットが上に抜けるより、下に抜ける方が自然のような気がします。

これは、もしかすると自分が知らないだけで、スライスサーブとはそうしたものなのでしょうか?



ということで…
変な疑問が生じてしまった。

今度コートで試してみようかと。
誰か知っていたら、教えてちょーだい。^^;)


こちらもご覧あれ!
↓↓↓
人気ブログランキング
posted by ani at 14:35 | ☁ | Comment(0) | テニス技術-サーブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。