2009年08月05日

サーブで「擦る感覚」って…

テニスのサービスの話です。
フラットサーブではなく、スピンサーブやスライスサーブのインパクトのイメージの話です。



「こする感覚」ってどんなでしょう?
ボールにラケット面を「パーン」と当てるのではなく、「カシュッ」と打つ感じでしょうか?(カシュは誰かの受け売り)

以前、ボールを弾く感覚と表現しました。それは極自分的な感覚を表現したまでです。こうした感覚的なものを、言葉にして、さらに人に伝えるというのは難しいのでしょうね。コーチをやってなくて良かった。(なんて、コーチをやる実力はありませんが…^^;)



「擦る感覚」と「弾く感覚」

どちらが正しいのか、わかりません。
どちらもありかも知れません。

誰かコーチの説明で、ボールへの回転は一瞬の短時間でかけるもの、とありました。この意味は、ボールをラケットの面で転がして回転をかけるイメージではなく、弾くイメージに近いとも思えます。

弾いて、ラケットが抜ける方向で、ボールの回転方向が決まるのだと思っています。

この弾く動作は、手首の返しにあると解釈しています。(内転と言うのか、回内と言うのか言葉はわかりません)最近自分のサーブでスピンやスライスのキレが悪いのは、たぶんその手首が上手く使えていないのだろうと。



…と、理屈で解釈してみても、
きっと、そんな理屈通りにはいかないでしょう。
いろいろやって、イメージを取り戻さないとダメですね。

ただ、「サーブを入れたい」と考えた時に、より「擦る」というイメージを持っていることは事実ですが…

みんな、どうなんでしょう?


↓↓↓(;_;)応援クリック求む!
テニスブログランキング(←このブログの順位は?)
posted by ani at 18:39 | ☁ | Comment(0) | テニス技術-サーブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。