2009年08月03日

どしゃ降りテニスで得るもの

今年2度目の、どしゃ降りの中でのテニス。
「ぬるま湯に蛙」ではないけれど、小雨から濡れるとどしゃ降りになっても案外平気。この時期は濡れても寒くないから…



凄いのは、ここ茅ヶ崎堤のオムニコート!
普段から使用後のブラシ掛けも不要。

でも昨日のような、まさに「土砂降り」の中で問題なくテニスができるとは驚いた。水たまりなどできる気配は一向になく、濡れていることすら忘れさせる。ボールは濡れるけど…

事務の人も笑っているし、雨で中止させようとは決してしない。「ご自由に…」というスタンス。



でも、できるできないの前に。

だいたい雨の中で濡れて重くなったボールを打つのは、自分のテニスにプラスにはならないだろう。まあ、止めたくないので続けるとだけで、本当は止めた方がいい。と思っていた。

それが、昨日の雨のテニスでちょっと変わった。
プラスにもなることを自覚できたのです。



水に濡れて重くなったボール。
当然スピンボールは力をロスするだけなので、手首や肘に負担をかけないよう、ボールを乗せて運ぶような打ち方をする。

スライスは結構有効だけど、回転を多くかける必要はない。まさに基本に帰る、そんな気がする。このおかげで、雨の中のテニスで手首を痛くしないで済む。



メンバーに一人女性がいたのです。

彼女の打ち方を見ていたら、実に普通にやっているのです。女性でもスピンとか打つ人はいるけど、大抵の女性は力任せにボールをねじ伏せるような打ち方を普段からしていないのですね。

まあ、わかってはいたことですが、現実に目の当たりにした感じです。男性陣がやりにくそうにしている中で、いつも通りのテニスをしていました。(そう見えましたね。)



雨の中で、重いボールをいかに少ない力で飛ばすか。
基本に立ち返ったような気がします。
収穫ありましたよ!^^)

↓↓↓(;_;)応援クリック求む!
テニスブログランキング(←このブログの順位は?)
タグ:どしゃ降り
posted by ani at 08:44 | 🌁 | Comment(1) | テニス技術-総合
この記事へのコメント
俺もテニス好きです
俺のブログにもきてね
Posted by tuki2009 at 2009年08月03日 13:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。