2009年04月23日

テニスは脚力?

平日にもテニスを思い出して、
イメージトレーニングやってますか…?

こうして、いろいろブログに残すのは自分のためでもあるわけです。以前に自分が書いたことを読み返して、そうだよな…と何度でも実感する。新しい真実がそれほどあるわけでなく、同じことの繰り返しなんですが、忘れてしまうのですね。(-_-;)


さて、先日テニスの上手い人に言われたこと。
やっぱり足ですよ!!!

そう、足でしょうね。
足が動かないと、だんだん手打ちになってくる。
強いボールを打とうとすると、手打ちがさらに酷くなる。
面がブレて当たりが悪くなり、
振れども振れども、ボールは飛ばず。

忘れがち、忘れがち…
悪くならないうちに、気が付いて直す。
病気と一緒です。^^;)


ちなみに、相手の速いボールを強く打ち返したいとき。
テイクバック小さく、踏み込みをしっかりする。
面がぶれずに良いボールが飛んで行く。
ボレーなど、まさにそう!

その人は言う…
普通の人は、だいたいスイートスポットはずしているショットが多い。しっかり芯を食うと、わずかな力で強いボールが返る。だいいちインパクトの音が違う。

そして、打球の貧弱さをスイングのせいと理解し、あれこれと余計な調整をして調子をさらに崩す。そんな人が多いと…


昔の人は「テニスは足ニス」とよく言っていた。
心がけだけで足が動くものではない。
トレーニングが必要かと。

また走るかな…

そうそう、後ろ向き走り、かなり有効です。
普通の道じゃ恥かしくてできないけど。
というより、危ないか…^^;)

テニスブログランキング(←このブログの順位は?)
posted by ani at 18:50 | 🌁 | Comment(0) | テニス技術-総合
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。