2009年01月20日

バネとサーブの関係

サーブの再強化を目指すこの頃。
ふと気がついたこと…

そう言えば、身体のバネを使っていなかった。
そう、手打ちサーブになっていた。
すっかり忘れていた。



バネとは?

身体を捻ったり、曲げたりして、その戻るときの反動パワーを利用すること。ストロークでもなんでも無意識のうちにやっていることなんですが…

サーブでは、その反動のタイミングを自分で作るため、簡単なようで実は難しい。トスアップから一連の動きでスムーズにバネを溜めて、一気に解放する。(と口で言うと易しい)

それが、どうもバラバラなのですね。



先日テニスやっていて、ちょっと閃きがありました。
思い出したんです。(少しね…^^;)

膝の使い方です。
やはり膝をタイミングの起点にするといいみたい。
だから、トスアップに膝は使ってはいけないんです。

ただし、大きくバネを使うのは体力的に無理。
小さく小さく使うんです。「ちょん」という感じで…

自分の感性なので、人にはどうか?^^;)


ありがとう!クリックで応援…みなさんのおかげです。
banner2.gif
posted by ani at 09:57 | ☔ | Comment(0) | テニス技術-サーブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。