2006年01月03日

常に課題の多いレシーブ

サービスと同じ数だけレシーブがある…

当然のことだが、レシーブを磨かない手はない!
強いレシーブは強いサーブと同じくらい重要だ。

以前草トーナメントにおいてレシーブの強者を見たことがある。相手のサーブがどんなサーブでも必ず相手の足元に強打していく。それをローボレーでなんとか返しても次のボレーで完全にしとめられる。私は今まで草トーで彼ほど強いレシーブを見たことがない。私は彼から1本ノータッチエースを取ったが、あとはことごとくブレークされた。(こういう人に限ってサーブはあまり得意ではないのだが…)

もちろん、これはダブルスの話でシングルスなら別のレシーブを持っているのだろう。しかし、今でも彼のレシーブが目に焼きついて離れない。

彼のレシーブは何が良かったのか?

二つだけ、はっきりしている事がある。

まず、必ず前に出ている。どんなに速いサーブでも前に出てレシーブしているのだ!これは重要なことだろう。速い球にこそ、前で受ける、向かっていくから逆に遅れたりはしない。自分の場合はどうだろう?速いサーブに対してステップバックなどしてないだろうか?特にサイドやセンターにきた場合は下がりながらでは絶対にいいレシーブはできない!

二つ目は、必ず同じ打点で取っている。ボールがバウンドして同じ高さになるまで待っているのではない。迎えにいって同じ打点に入っているのだ。こんな単純なことがいかに難しいかやってみればわかる。特に速いサーブに対しては、無駄のない研ぎ澄まされた反射神経が必要とされるだろう。普段から常にやっていないと、まず無理だ。

練習相手としてサーブの速い相手が必要だ。ただ、どんなサーブでも必ず自分から打点に入るように心がけて練習すれば、レシーブは必ず良くなるはずだ。特に速いサーブに対してはレシーブの際にせいぜい1歩しか動けない。その1歩をどの方向に取るかで決まるのかも知れない。

テニス関連のブログはこちらです。
にほんブログ村 テニスブログへ
posted by ani at 09:07 | ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | テニス技術-レシーブ
この記事へのコメント
はじめまして!
レシーブは私もいつも課題にしています。まずどんなにストロークやボレーが上手くても、レシーブが苦手だと絶対にブレークができない、つまり試合には勝てませんからね。
Posted by tenibaka at 2006年01月03日 21:05
tenibakaさん、はじめまして!
コメント、ありがとうございます。
レシーブこそ、いろいろなサーブに対応しなくてはならず練習が難しいですよね。とりあえず、いろんなタイプの人と試合できるといいのでしょうね。
Posted by ani at 2006年01月04日 12:55
こんにちは!

自分の思ったところにレシーブ出来た時の快感は、サービスエースの嬉しさを凌ぐかもしれませんね。
試合が一番の練習と思って、草トーにチャレンジしていますが、レシーブは常に課題です。
Posted by nomu3 at 2006年02月06日 23:46
こんにちは、nomu3さん。
ほんとにサーブが弱いのに試合では強い人っていますよね。そういう人は例外なくレシーブが強いですね。当たり前ですけど…
サーブを磨くのと同じくらいレシーブを磨かないといけないって事ですね。^^)
Posted by ani at 2006年02月07日 10:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11282971

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。