2008年08月19日

ゆるく深いサーブ

最近ゆるいサーブしか打てません。
調子がいいと、ちょっとキレがある程度。

だから言うんじゃないんですが、サーブはやはり「深く」が基本だなあと思うのです。サーブのコントロールは「球種」「コース」「深さ」だと思いますが、よほどサーブに自信がある上級者でない限り、球種を自在に使い分けたり、コースをついてエースを狙うのは難しい。せいぜい相手のバックハンド側に狙うくらいです。

となると、地味に深く深く入れていく。



競技レベルの話ではありません。念のため。

最近思うのですが、ゆる〜いサーブも勝機が充分あるんですね。まず、ゆる〜いサーブのいいところは?

ゆっくり飛んでいくので、自分がネットにつくのに時間的余裕がある。いくらゆるいサーブでもノーバウンドでは取れませんからね。たまにリターンを強打されることもありますが、実はゆるいサーブを強打する人はさほど多くなく、むしろ苦手にしている人さえ多いと思います。中級までなら、ミスを誘えます。

いけないのは、浅く入ることです。
浅く入ったら、即レシーバーが有利ですから…



ということで。

サーブが苦手な人は、深く入れることに専念してみたらいかがでしょうか?そして、たまにはネットに出てみるとか…

新しい展開が待っているかも知れません。^^)
えっ、もうやっている?(失礼!)
当たり前すぎる?

人に余計なお世話してる場合じゃなかった。(-_-;)


ランキング参加中!クリックで1票入ります。感謝感謝!
banner2.gif
posted by ani at 13:41 | ☔ | Comment(4) | テニス技術-サーブ
この記事へのコメント
先日ゲーム中にサーブを見事なタイミングでリターンされていました。
2本続いたのでヤバイと思い、同じスイングでスピードを落として打った所、レシーバーはタイミングが早すぎてリターンはサイドアウト。
野球のファールを打たせてカウントを稼ぐみたいです。

私の場合、早いスイングでゆるく打ち、かなり短いサーブにすると効果あるようです。
雑誌のサーブの特集なんか見ますと、しっかり打つ事しか書いてなく、もう少し頭を使うとか考えられないかと思ってしまいます。
Posted by kunny at 2008年08月21日 00:36
むむむ…
そう言えば、サーブが芯を食わず不意にドロップショットのようになり、エースをくらったこと多々あり。

あれを意図的にやられると、さらにちょっと速めのとミックスされると嫌ですね。たしかに、サーブ速くないからただ入れるのに専念じゃもったいない。いろいろ工夫の仕方がありますね。
Posted by ani at 2008年08月21日 11:45
こんばんは〜
ゆる〜〜いサーブは効果ありますね。
使い所によってはですが。
私はポイントリードしている時に打つ事があります。
大振りする人はミスの可能性が高いし、もしコートに入っても、フォームからだいたいコースは分りますからね〜
ダブルスだと前衛がびっくりして抜かれてしまう可能性大きいけど・・・

Posted by まぁ at 2008年08月28日 02:41
まぁさん、こんにちは。
確かにあまいサーブが入って、レシーバーに思い切り構えられると前衛は恐いですね。前衛アタックもありますし…

しっかり深く入れるか、思い切り浅くいくか、メリハリが大切かも知れません。あと、相手レシーバーをうまく判断しないとダメですね。高くはずんだボールをフォアで叩き込むのが好きな相手だと餌にされちゃいます。
Posted by ani at 2008年08月28日 11:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。