2005年12月09日

素振りについて

1年前から素振りを頻繁にやっている。

特に平日の夜とか、時間を見つけては5分間程度やっている。
ずっと続けてきてわかったことがある。

・スイングのフォームが固まってきて、実際打つときもブレが少なくなった。
・スイングがよりスムーズになって、力をぬいて振ることができるようになった。
・球に当てるイメージで振ることにより、力を入れるポイントがわかってきた。

などだ。やはり、かなり重要だと感じている。
しかし、ただ振ればいいと言うものでもないだろう。

大切なのはイメージだと思う。
プロの選手、コーチ、身近なうまい人のフォームをよーく見て、イメージを掴むことが必要であると思う。自分のスイングのイメージが客観的にわかる人はいいが、そんな人は殆どいないだろう。それは、客観的に見る機会がないからだ。でも、ある人のフォームをずっとイメージし続けると自然にそれに近づいていく。あまり考えすぎない方がいい。

何度も言うが、イメージをより明確に持つことが必要だ。
それは理屈ではない。映像だ。
より鮮明なイメージを持てれば、実践で身体が反応するのだ。

ということで、きょうも素振りを少しやろう。

テニス関連のブログはこちらです。
にほんブログ村 テニスブログへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10453717

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。