2008年07月20日

横須賀から三崎へ

19日土曜日晴れ…

実は仕事で横須賀のある歯医者へ行くことに。
何を思ったかMTBで行こうと決心。

ネクタイで行けないけど、そこはご愛嬌ということで…



溜まった疲れもあったので、ゆっくりと行こうと現地(横須賀市大津)までの道のりには3時間の時間をみた。

実際は2時間ちょっとで余裕で着いたので、やや時間調整。

と、そこまでは快適だった。



そこからまっすぐ帰れば良かったのに…

せっかくの休みだし、観音崎と三崎を回って帰ろうと決め、まずは観音崎へ。さすがに好天の三連休初日は海岸線も混んでいるだろうと思ったが、そのわりには空いていた。

観音崎を後にした頃は時間も夕方5時を過ぎていた。
気持ち的には、ここで折り返し…

しかし、三浦海岸に向って進むと、どんどん南下。
南下とは、自宅と逆方向に進むこと。
どんどん自宅が遠くなる…(-_-;)

gyosen.jpg

ある漁村で大きな漁船が並んでいて、ちょっと感動!
携帯カメラじゃ、その迫力は伝わりません。^^;)



三浦市は非常に起伏に富んだ地形だ。
海岸線を進むと、一気に上昇して眺めのいいエリアに出る。と次の瞬間一気にダウンヒルで海抜0メートル?の漁村まで下りる。

MTBでは、こんな地形はひたすら地獄。
ダウンヒルは気持ちいいんだけど…

すると、連日の疲れもあってか、足にきた!
高台の風力発電の公園を過ぎて、三崎からひたすら北上。
行けども、行けども…



アホなもんで。

途中休んだ立石の公園に荷物を置いたまま、ほとんど逗子まで北上。荷物がないことに気付いたときは、さすがに血の気が引いていく…(-_-;)そりゃ、速攻戻りましたよ。

最後の境川沿いのサイクリングロード、自宅までの10数キロが長いこと長いこと。「おー!」とか、「おりゃー!」とか、自然に声出してました。もうMTBなんか乗りたくねー!!

ほとんど瀕死で、自宅に戻りましたとさ…



で、きょう午前中から友人とテニスときた!

朝は死んでいて、ウォームアップもしたくない。
はずだったのに…

なんと、身体が軽い!
早くも回復!!^^)/

なんでしょうか?この驚異的な回復力…


ランキング参加中!クリックで1票入ります。感謝感謝!
banner2.gif
posted by ani at 22:00 | 🌁 | Comment(0) | MTBの話題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。