2008年06月12日

遂にここまで…!?

自転車も遂にこの領域に!!

シマノが送り出した「Di2システム」!
これ、凄いですね…

マウンテンバイクやロードレーサーのようなスポーツ車ではなく、買い物等に使う実用車でもない、あくまでも快適な乗り心地を目指した、パーソナルバイクのためのコンフォートシステム「NEXAVE C810」。

Di2(デジタル・インテグレイテッド・インテリジェンス)の新しいエレクトロニクス技術を投入。フロント3段、リア8段の24スピード・フルオートマチックを実現!

c810.jpg

乗り手のパワーを効率よく推進力に変換するために、シフティングシステムとデジタル・サスペンションシステムの連動。システムに必要な電力を内蔵発電機により自己供給する、電池不要で環境にも優しい“ECO-VISION(エコビジョン)”設計。NEXAVE C810まさに、「自転車」そのものの概念を変える進化を遂げての誕生…とあります。



気がつくと、まるで宣伝のようになってますが。
ちょっと感動したもので…^^;)

このシステムを導入してる自転車がルイガノにありました。

VESD-W.jpg

ま、スポーツバイクじゃないんで…
スタイルそのものはね。^^;)



発進時のこぎ出しは軽く、スピードが上がるにつれて徐々に重いギヤに、スピードが落ちれば再び軽いギヤに自動変速。

サスペンションも、こぎ出しは固く、時速10キロを超すとソフトになるという。人間ますますものぐさに。

とうとう自転車もか…(-_-;)


ランキング参加中!クリックで1票入ります。感謝感謝!
banner2.gif
posted by ani at 09:02 | ☔ | Comment(4) | MTBの話題
この記事へのコメント
拝見させていただきました。
またお邪魔します。
Posted by スピード水着の裏側 at 2008年06月12日 20:39
一見良さそうなシステムですが、タイヤを外す時にギヤのポジションはどうなるのでしょう?
重いギヤで走る人と、軽めで回転数で走る人の違いはコントロールできないのでしょうね。
しかし時速10km/hなんて、ママチャリでもすぐ出てしまいますね。

このバイク、個人的には前後のショックアブソーバーが無い方がロスが無くて良いのですが。
Posted by kunny at 2008年06月12日 23:38
一見良さそうなシステムですが、タイヤを外す時にギヤのポジションはどうなるのでしょう?
重いギヤで走る人と、軽めで回転数で走る人の違いはコントロールできないのでしょうね。
しかし時速10km/hなんて、ママチャリでもすぐ出てしまいますね。

このバイク、個人的には前後のショックアブソーバーが無い方がロスが無くて良いのですが。
Posted by kunny at 2008年06月12日 23:39
kunnyさん、お久し振りです。
まあ、自転車が好きって人はあまり飛びつかないと思います。漕ぐ力のロスを極力減らして、それでいて乗り心地がいいという欲張りな自転車です。
それにしても、乗る人の好みまで学習する機能はあってもいいですね。あるのかな?

いずれにしても、自分は買いません。^^;)
Posted by ani at 2008年06月13日 18:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。